けいけん豊富な毎日

新潟記念(斤量負担分析)  担【けん♂】

新潟記念(新潟2000m)出走予定馬の実質斤量負担について
見てみたいと思います。

※実質斤量負担(%)=斤量÷馬体重

新潟記念:実質斤量負担
新潟記念斤量

危険水域の13%を超えているのはマイネレーツェル
12%後半になっているエリモハリアー、アルコセニョーラもキツイですね。
血統的に斤量に対する耐性が高いステイゴールド産駒だけに
侮れませんがアルコセニョーラはさらに負担が増えているだけに
昨年とは状況が違うかもしれません。

前走で複勝圏に入れず負けているのに斤量が増えているのは・・・
・マルカシェンク
・エアシェイディ


要はそれだけ実力が評価されている、という証明ですね。
どちらも実質的な負担の面ではこなせる域なので問題はなさそうですし
期待出来そうです。

その点ではホッコーパドゥシャの2着も高く評価された感じです。

逆に前走で好走しているのに斤量が下がっているのは・・・
・サンライズベガ

安定感のある実績なのに、重賞挑戦ということで
少し甘く見てもらえた印象(^^;
恵まれた、という点ではこの馬が一番面白いかもしれません。

メイショウレガーロは前走3着ながら斤量変わらず。
インタビューでふれていたとおり、かなりマグレ扱いされているようですね。
ハンデキャッパーの目を信じるか、それとも恵まれたと見るか・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック