けいけん豊富な毎日

斤量ハンデの設定方法  担【けん♂】

サンスポに斤量ハンデの設定の仕方について、ハンデキャッパー
直接インタビューした記事が載っていました。
※記事は→ココ

内容を抜粋してまとめてみると・・・

・接戦で終わった場合ハンデはいじりにくい。
 特に展開で勝った印象があれば勝っても大幅には増やしにくい。

・前年の勝ち馬は今年の活躍馬と比較。

・実績上位馬は実績によって最上位の斤量が決まり、そこから力関係の序列
 斤量差を設定する(設定の基本はハンデキャッパーのイメージ)。

・負けていても上位争い出来ていれば微調整で上昇もある。

・休養は長期にならないと考慮しない。休養前の実績も加味する。

・負けた相手が活躍したかも考慮、負け方、勝ち方の印象も重要。


インタビューした記者が受けた印象と同じく、かなり人間的な主観
決められているんだなぁと感じる内容でした(^^;

たしかに馬の力は単純に計算して出てくるものではありませんし
調子や力関係など大雑把につかむしかないことが大部分・・・
その意味で斤量ハンデはそのまま、その馬の印象と言いかえることも
出来そうですね。

ハンデキャッパーはハンデをつけて各馬が同等の力を発揮出来るよう
上手く調整することが仕事
なわけで、先日の小倉記念のように
1~13着までが0.4秒差、ゴール前で横一線の大混戦になったら大成功・・・
と言うことになります。

斤量ハンデに加味されない大きなポイントは・・・馬格
実質斤量負担ということでこれまでもデータを取ってきましたが
同じ斤量でも馬格のある馬とない馬では負担が違ってくる、
という考え方でみると、こなせる斤量には個体差が出てくるわけで
特に「斤量が増えたときに限界を超えているかどうか」をチェックすると
ハンデの隙、を突けるかもしれません(^^)

逆に斤量が軽いというのは有利な面ももちろんありますが、
それだけ実力不足だと評価されているわけで・・・
軽いから好走する、ではなく能力の割に恵まれたんじゃないか、
という相対的な評価が重要だと言えそうです。
この辺りはハンデキャッパーの持っているその馬への印象に
違和感を感じるかどうかもポイントになりますね。

新潟記念に関してもハンデがどう影響してくるか・・・
実質斤量負担についてなども調べていきたいと思います(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

基準は-2kg…

条件戦でのハンデの決め方を見ると馬齢重量-2kgがそのクラスでの標準級だと思っています。
1000万下はともかく1600万下で57kgのハンデならオープンで通用するな~と思って見ています。
オープンになると、基準をオープン特別で考えるかGⅢの別定戦で考えるかが微妙になりますけどとりあえず格上挑戦してくる馬には1クラスにつき2kg軽くしていると思います。
一時期はハンデ戦に凝っていた頃がありましたが、最近はそこまで気にしておりません(爆)

藤沢雄二 | URL | 2009年08月27日(Thu)09:21 [EDIT]


>藤沢雄二さん
その馬がどのクラスでそのくらいの斤量を
こなしているかも重要ですよね。

基本的にハンデは軽くてもそれほど
有利だと考えていないんですが、重い方は
意識をしてしまいます。
今回はどんな影響が出るんでしょうね(^^;

けん♂ | URL | 2009年08月27日(Thu)18:41 [EDIT]


 

トラックバック