けいけん豊富な毎日

札幌記念(展開想定)  担【けん♂】

札幌記念(札幌2000m)の枠順が出たところで、ひまずざっと
展開を想定してみたいと思います。

スッと先手を取って行けそうなのはマンハッタンスカイ
シャドウゲイトがその横でついていきたいところです。

サクラオリオンは前走同様内側で我慢したいところなので
この枠は絶好ですね。
ヤマニンキングリーは横の馬が控えてしまいそうなので相対的に
前につけて行けそうです。柴山騎手に乗り代わっていますが
ヤマニンメルベイユのイメージで位置を取ってもいいかもしれません。

前走では控える競馬を試したドリームサンデーは中舘騎手に戻って
先行気味に行く脚質に戻りそうです。
逆に前走でドリームサンデーに乗っていた藤岡佑騎手は
中舘騎手と入れ替わる形でトーセンキャプテンに騎乗。
昨秋はかなり速いペースでも前を追走していただけに、
今回は前に寄せて行くのではないでしょうか。

その外からミヤビランベリ、マツリダゴッホも前に行きたいところ。
1800mと違い、最初の直線が長いので外枠からでも
押して行けると思いますが、引っ掛からないよう注意が必要になりそうです。
マヤノライジンも外から被せるように行きたいところかと。

ちょうど挟まれて被せられる枠順となったブエナビスタ
一旦は大きく下げることになりそうです。
外の馬を行かせて後方の外目をゆったりと回していく感じ。
馬格があるほうでもないですし、馬群を割る競馬ではなく
大きく外を回して上がっていく選択になりそうですね。

3、4枠の馬が先手を取って、5、6、7枠の馬が外から
被せる形で好位を争う・・・内枠の馬は油断するとかなり下げられて
しまいそうなので内でいい位置をしっかりキープする
騎手の腕が求められることになりそうです。

速いペースで行きたい馬がいないので前半1000mは
およそ60~60.9秒程度
淡々と流れて行って後半にペースアップ。
後傾ラップになることで前の馬の脚が止まりにくく、
先行有利の傾向は助長されると考えています。

3コーナー辺りから後方の馬が外を回してグーッと馬群が詰まって行く展開。
コースが狭くなったことで内から外へ出して行くのはかなり難しく、
前が詰まると脚を余す馬も出てくるかもしれません。
今回は内が空くことも考えにくいですね。

4コーナー先頭に立ちたいのはマツリダゴッホ
今回は外枠スタートになってしまったので横山典騎手の判断が
難しいところですが、おっつけ気味に早仕掛けをしてこその馬なので
どういう競馬をしてくるか注目です。

後傾ラップになると想定すると4コーナーでの馬群は
少し縦長の構造
になってきそう。
後方の馬は相当頑張らないと前に詰め寄れないかもしれません。
ブエナビスタは・・・?

ミヤビランベリ、シャドウゲイトは末脚のキレが微妙。
マツリダゴッホは調子さえまともなら突き抜けそうですが・・
どこまで戻っているか?
ヤマニンキングリーは・・・内から前に抜けて行くようなコース取りが
出来るかどうかが鍵になりそうです。

穴を開けるとしたら・・・万が一内が空いたときに
突っ込んできそうな末脚のある馬ですが、今回該当するのは
ヤマニンキングリー、サクラオリオン辺りでしょうか。
あとは早めに外を回して好位に取り付いた馬・・・
トーセンキャプテン、マヤノライジンなどが該当しそうですが
この辺りはマツリダゴッホとの兼ね合いになりそうかと・・・。

うーん、イメージが少し固まらない感じもありますが
そろそろまとめに入っていきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック