けいけん豊富な毎日

札幌記念(末脚能力分析)  担【けん♂】

札幌記念(札幌2000m)について考えてみたいと思います。

結局のところ、先行有利な札幌競馬場で後方からのブエナビスタが届くのかどうか?

これが今回のレースの最大の焦点
信じるか信じないか、みたいな感情論や期待感(不信感)で「えいや!」と
賭けてもいいんですが(笑)ここはあえて冷静にざっと机上の計算
考えてみたいと思います(^^)

推定上がり3ハロンに関してはあくまで「推定」なので
ガッチリと確定したものではありません(言い訳:爆)

特に今回は使われてきた競馬場やレースレベルなどに大きな差があるため
横並びで見ていいのか、かなり疑問もないでもない感じ(^^;

今回のデータは過去の好走歴(重賞をメインにしています)を基準にしているので
近走の出来についてはまた改めて考えに入れる必要があります。
最大限に近く能力を発揮したとして、という感じで見て頂ければ
いいかもしれません。

札幌記念:有力馬の位置取り別の推定上がり3ハロン
札幌記念末脚

※基準値(上がり最速から3番目までの平均値)を35.0で計算しています。

先行気味に行くと見られる馬の推定上がり3ハロンは奇しくも
3頭とも同じ数字になりました(^^;
近走の出来からするとマンハッタンスカイは少し厳しいかもしれませんね。
馬場が湿る可能性を踏まえてミヤビランベリ≧シャドウゲイト
くらいでしょうか。いずれにしろ前の馬を買うならこの2頭は
外せない感じです。

その後から追いかける組では・・・やはりグランプリホースの
マツリダゴッホが秀逸。
早めに仕掛けて4コーナーで先頭に立つようならあっさりと
勝ちきってもおかしくない数字です。
札幌では上がり3ハロンが0.1秒違うと約0.3馬身差縮まる計算なので
4コーナーで先頭と
・マツリダゴッホ   1.9馬身差
・ヤマニンキングリー 1.3馬身差


くらいに詰め寄っていれば勝負になることになります。
うーん、仕掛け損なって前に詰め寄って行けていないと厳しい数字に
なってくるかもしれませんね。
能力ではマツリダゴッホ、馬体の出来の印象ではヤマニンキングリー・・・
どちらも有力だと思いますが過信は禁物だと思います。

中段辺りから押し上げていきたいグループは計算上かなり厳しいかもしれません。
あえて注目するなら叩き2戦目のトーセンキャプテンでしょうか。
昨年の函館記念のように上手く前に詰め寄って行ければ
可能性は無きにしも非ず・・・かも。
好走ラインは4コーナーで先頭と2.2馬身差・・・
藤岡佑騎手の判断に注目です。

後方からになると考えられるブエナビスタの末脚は・・・
やはり飛び抜けています(^^;
休み明け、古馬との初対戦などレースレベル的な不安もありますし、
逆に成長分にも期待出来そうなわけで、判断は難しいですが
この計算では4コーナーで先頭と3.9馬身差以内なら
届く可能性がある
ということになりました。

桜花賞、オークスのように絶望的な差をグイグイと詰め寄ってかわし切る、
という競馬では通用しないことになりますね。
個人的に考えている4コーナーの位置取りイメージだと・・・ギリギリ(爆)
5~6馬身程度の差を詰め寄って届かずの3着・・そんな競馬も
想定しておくべきかもしれません。

問題は・・・マツリダゴッホがいつものように早仕掛け気味に
先頭に立つようなことがあった場合。
4コーナーで約2馬身差程度に詰め寄っていないと届かない事になります。

やはり仕掛けどころ、位置取りは非常に大きい影響を与えてきそうです。
4コーナーでどの馬が先頭にいるのか?
ブエナビスタはどこまで詰め寄って行けているのか?
面白いレースになりそうですね~(^^)/

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
自分は「えいやっ」のタイプなので、
こういった計算は非常に助かります(^^;)

ブエナビスタは、エンジンのかかりの早さと、
トップスピードの持続力ですよね・・。
瞬発力に優れると言われる牝馬同士の戦いで、
あそこまでの末脚を見ると、
やはり上位に置きたくなりますが、
4コーナー位置取り想定が、けん♂さんの場合、
恐らく7番手以降なのかと・・。
そこからギリギリ届かないという計算ですね。

マツリダとトーセンが俄然気になってきました(^^;)

childsview | URL | 2009年08月22日(Sat)13:56 [EDIT]


>childsviewさん
ブエナビスタの末脚の強烈さは次元が違う、
とは思いながらもここで賭けるのは
戦略的にどうか?と自問自答しています(^^;

届いたら・・・素直におめでとう!
そんな感じでレースを待ちたいと・・・

けん♂ | URL | 2009年08月22日(Sat)20:21 [EDIT]


 

トラックバック