けいけん豊富な毎日

小倉記念(展開想定)  担【けん♂】

小倉記念(小倉2000m)について見てみたいと思います。

ハナを切って行きそうなのはコスモプラチナ
元々かなりの先行力のある馬ですが、どちらかというと暴走系で(爆)
最後に末脚が鈍る弱点がありました。

近走で逃げたときの1000m通過タイム

阪神2000m 60.3 ←前走(マーメイドS)
中京2000m 59.1
京都2200m 59.3
東京2000m 59.3
新潟2000m 58.1


それまでに和田騎手が騎乗したときには抑えて控える競馬をしていましたが
前回はペースを少し落としてバランスの良い展開で引っ張って行けています。
今回も前走の手応えからゆったりと前半をまとめて逃げて行くと
想定できそうです。

・マーメイドS コスモプラチナ 2.00.2
12.4-10.7-12.6-12.4-12.2-12.2-12.0-12.0-11.4-12.3

・垂水S テイエムアンコール  2.00.3
12.6-11.0-12.0-12.3-12.2-11.7-12.1-12.0-11.9-12.5

今回ある程度人気を背負いそうなテイエムアンコールの前走の勝ち時計は
前週に行われたマーメイドSとほぼ変わらず。
能力的にはそれほど差がない感じです(牝馬と同じというのがどうかとは思いますが)

前半途中から中盤にかけてペースが落ちているマーメイドS、
余力を残して直線に入っているので後続をスッと突き離す騎乗
出来ていることがわかります。

垂水Sは緩みがないペースで淡々と前半、中盤を通過。
コーナーで余力を失い、スパートがかけられなかった先行馬を
中段からの馬が押し上げて飲み込んで行ったという結果になっています。

ペースが落ち着くことで位置取りを少し前にもって行けるかもしれませんが、
テイエムアンコールは前走のようにゆったり構えると
前に詰めていくことも出来ずに終わる可能性がありそうです。
道中の仕掛けどころが大きな鍵になりそうですね。

コスモプラチナの作る展開は・・・
4コーナー手前までゆったり行って、一気に加速・・という感じになりそうです。

ペースが緩くなりそうなので各馬は余力を残して前に上がって行けそう、
外を回して行く馬は大きく外に広がっていく展開になると考えられます。

あまり後方からになるようだとかなりのコースロス
早めに仕掛けて先頭に並びかけて行けるような馬が優勢。

ある程度の長い脚と2ハロンの急加速勝負が出来る馬を重視したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック