けいけん豊富な毎日

種牡馬データ(マヤノトップガン)  担【けん♂】

ブライアンズタイムの後継種牡馬としてタニノギムレットが
気を吐きつつありますが、先輩であるマヤノトップガンも負けては
いられないところ(^^;

特にローカル重賞では注目されやすい印象の種牡馬ですが
果たしてどういう傾向があるのでしょうか。

競馬場別複勝圏率
マヤノトップガン1

うーん・・・人気をしてもまったく信用できない実績(涙)
タニノギムレット(ココ)とはまったく傾向が違いますね。

東京、中山の両方の成績が特に悪いことから
直線の長さなどは関係なさそうです。

最も成績が良いのは京都、次いで福島
阪神、小倉も比較的良好です。

中山の成績が最も低いというのはタニノギムレットと一緒。
福島、京都が得意、という点も一致しています。
この辺りは血統から類似色が出ている感じで面白いですね。

微妙ですが、前半にペースが上がるコースが苦手なのかも。
ゆったり行って末脚を伸ばすという展開のほうが合いそうです。
そういう意味ではレースレベルが上がると厳しい種牡馬と
なってしまうのかも・・・。

距離別複勝圏率
マヤノトップガン2

距離は伸びれば伸びるほど成績が上がる傾向。
出走回数を見ても2000m前後が1番多く、中距離以上に適性がある
種牡馬だと考えられます。

短距離は人気をしてもまったく信用できないですね。
勝率も非常に低く、ガーッと行くようなレースが合わないことを
示していると思われます。

天候別複勝圏率
マヤノトップガン3

馬場は湿った方が好成績
穴馬率も微妙に上がるので人気薄にも注意が必要です。
この辺りは血統的な重馬場適性でこれまでもふれてきたとおりの
傾向が出ています(^^)

まとめ
・東京、中山、中京が苦手
・福島、京都、阪神が得意
・前半をゆったりと行って末脚を伸ばす展開が合いそう
 (レースレベルが低い方が良いかも?)
・距離は伸びた方が良い。中距離適性が高い
・短距離は信用できない
・馬場は湿ると成績が上昇。特に人気薄に注意


正直言って一流種牡馬とは言えない実績。
人気を裏切る傾向があるだけに軸で考えるのは危険ですね(^^;
厳しいレースに弱い感じなので活躍があるとしたら
やはりローカル重賞までになってくるのかも・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック