けいけん豊富な毎日

小倉記念(レース映像と傾向分析)  担【けん♂】

小倉記念(小倉2000m)の開催時期は06年から1週早まり
7月末~8月頭になりました。

もちろん、先行馬の質の影響も大きいわけですが、移設に伴って
走破タイムも微妙に変化。ここ3年の決着タイムは
08年 1.57.9
07年 1.58.7
06年 1.57.8


とそれまでに1度もなかった1.57秒台が2回。
90年台には2.00台が当たり前がったことを考えると
内容には大きな差がありそうです。

昨年の状況をチェックしてみると

08年8月1日現在の小倉競馬場
【芝の状態】
3~4コーナーの内柵沿いに傷みが出てきているが、他の箇所の状態は先週までと
大きく変わりなく、全体的には概ね良好な状態。

【芝の草丈】(芝コース)野芝 約10~12cm


08年8月8日現在の小倉競馬場
【芝の状態】
4週目としてはまずまずの状態だが、3~4コーナーの内柵沿いの
傷みが広がってきている状態。

【芝の草丈】(芝コース) 野芝 約10~12cm


1週間違うだけでかなりの差があることがわかります。
今週の芝状態はまだ発表されていませんが、昨年との比較などを含めて
チェックしておきたいところですね。

前に行って内を伸びた馬が伸びやすい・・・ということが
走破タイムを速めにする要因のひとつになっていると考えられますが
実際のレース映像を観ながら特徴について考えたいと思います。

08年小倉記念 ドリームジャーニー
※レース映像→ココ

外を回したドリームジャーニーは4コーナーでほとんど先頭に並びかける
ところまで上がっており、あっさり突き抜けて圧勝。
3着にはワンテンポ遅れて外を伸びたケンブリッジレーサ。
馬場状態は完全に外伸び

07年小倉記念 サンレイジャスパー
※レース映像→ココ

外を回したサンレイジャスパーの末脚が際立ったレース。
内の先行馬が止まり、外の馬が伸びてそのまた外から突き抜けており、
馬場状態は完全に外伸び

06年小倉記念 スウィフトカレント
※レース映像→ココ

内を空けて馬群がコーナーを曲がって行くところを
後方から最内を突いてショートカットしたスウィフトカレントが
突き抜けて完勝。福永騎手の判断が明暗を分けた感じでしょうか。
2着以下は外を回した馬になっており、馬場状態自体は外伸びの傾向
勝ち馬は末脚の威力が違いで抜け出した印象。


先週は日曜日の雨の影響で馬場が悪化。
すでに内が荒れ始めている、という騎手のコメントも出ているようです。
こうなると過去の傾向に近い展開になる公算が高そうな雰囲気ですね。

傾向としては先行有利になりがちな小倉2000mですが、
4コーナーで外を回して前に押し上げてくる差し馬が優勢
先行馬は粘り込むタイプは・・・×
末脚のキレを重視したいレースになりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うーん

この感じだと コスモプラチナは用無しですかねぇ?

ダンスアジョイは右回りが疑問も展開は向きそう。

でも ココ ヤラズで新潟記念勝負っぽいんだなぁ(笑

tosanoabarennbou | URL | 2009年07月30日(Thu)17:52 [EDIT]


>tosanoabarennbouさん
先行馬も好走出来る設定だとは思いますが
外伸びの馬場なら差し馬が優勢に
なってきそうです。

コスモプラチナは前回甘く見て失敗しただけに
押さえてみたいところですが、
2匹目のどじょうを狙ってカウンターを
食らいそうなだけに・・(笑)

けん♂ | URL | 2009年07月30日(Thu)18:51 [EDIT]


 

トラックバック