けいけん豊富な毎日

小倉記念(各馬分析1)  担【けん♂】

小倉記念(小倉2000m)について見ていきたいと思います。

先週は日曜日の雨で不良馬場に・・・影響が出てくるかにも
注意したいですね。

エリモハリアー】せ9(栗東) ジェネラス×(ブレイヴェストローマン)
04年の九州S杯(2着)以来の小倉参戦。
芝やコースに対する適性は微妙ですが良績があるだけに状態さえまともなら
こなしてもおかしくはなさそうです。
元々小柄な馬ですが前走は休み明けでマイナス体重、実質的な斤量負担も
一層厳しくなってきており、復活は難しそうです。
脚質も後方からになってきていて、その割にキレ不足・・・。

エーティーボス】牡5(栗東) ナリタトップロード×(コマンダーインチーフ)
前走で1600万下を勝ち上がり。安定感のない成績になっていますが
血統的に得意ではない湿った馬場のレースや、出遅れ気味に後方からになった
レースを除けば実はそれなりに好走が出来る馬(^^;
中段、好位から押し上げる騎乗が出来れば相手関係次第で重賞でも
頑張れるかも・・・。実績は中京、小倉、福島、京都内と小回りに偏っており、
適性は高そうです。

クラウンプリンセス】牝5(栗東) スペシャルウィーク×(Seattle Slew)
3歳クラシックの時期には420kg台にまで落ち込んだ馬体を
大きく増やして、前々走では492kg!
ひと絞りした前走でOPを制し、状態はかなり良さそうです。
前走はこれまで少し苦手にしていた前半が速いレースを好位から
突き抜ける内容、1800mまでしか実績がありませんが
今なら距離延長もこなせるかも。

コスモプラチナ】牝6(栗東) ステイゴールド×(グルームダンサー)
行くだけ行ってしまう傾向の先行馬でしたが前走では和田騎手が
しっかりとペース配分をして最後に脚をキッチリ残して押し切り勝ち。
微妙なバランスではありますが、能力はそれなりに高い馬だと思います。
大逃げを打って押し切ったレースもありますが、基本的に良績は
小回りに集中
しており、今回も上手く展開が作れたら・・・

サンライズベガ】牡5(栗東) アドマイヤベガ×(Theatrical)
出てくるなら連闘になります(かなり詰めて使っているのでおそらく回避かと)
好位、先行気味に行って長い脚を使うタイプ。
キレはないものの、脚が鈍らない分、安定感のある実績になっています。
相手なりに走るので脆い面もありながら、重賞でも好走の余地は
十分
にありそう。前が止まらない展開になれば面白そうです。

シルバーブレイズ】牡5(栗東) タニノギムレット×(サンデーサイレンス)
七夕賞では馬格の面で条件に合わなかったものの、騎手の力量と
叩いた効果に期待してみたのですが・・・中段で何も出来ずに敗退。
ウオッカ同様、タニノギムレット産駒はどちらかというと使い減りしていく
タイプのようです。前走でのマイナス体重は尾を引くかもしれません。
本来は好位で競馬が出来る馬ですがここ2戦は中段後方から・・・
スローの方が合うだけでなく、少しピリッとしていない感じです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック