けいけん豊富な毎日

函館SS(各馬分析2)  担【けん♂】

函館SS(札幌1200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

エムオーウイナー】牡8 56.0 (美浦) ニホンピロウイナー×(キャロルハウス)
速いペースで先行できる馬でしたが、昨春辺りから急激に衰えて
末脚が止まってしまうようになりました。
太目だった馬体を絞れてはきていますが、今の状態で急な復活を
期待するのは酷かも。

エーシンエフダンズ】牡5 56.0 (栗東) Forestry×(Danzig)
基本的には先行気味に行く脚質ですので昨秋から7戦連続で
複勝圏を外さない好走を続けています。
前での脚は少し鈍目で決め手に欠けるので上位馬相手に通用するかは
かなり微妙。現状では周りの脚が止まりやすい坂のある競馬場の方が
向いているかもしれません。

アポロフェニックス】牡4 56.0 (美浦) アフリート×(Caerleon)
先行気味に行く脚質でOPまで勝ち上がりましたが、これまでの実績では
重賞でことごとく大敗・・・。
速いペースがあまり得意ではなく、自分に合ったペースで前に行ければ
踏ん張れますが、能力を超えるレースでは一気に失速という印象です。
内容的に評価出来るレースを勝っていないだけに重賞では・・

スピニングノアール】牡8 56.0 (栗東) スピニングワールド×(Forty Niner)
爆発的な末脚のある馬ですが、後方からのレースになるので
成績は不安定になりやすく、届かないままで終わることも多い馬。
先行馬が失速するような展開になれば出番がありますが
現状では突き抜けるほどのレースを期待するのは難しそうです。

モルトグランデ】牡5 56.0 (美浦) War Chant×(Capote)
この春の重賞挑戦ではいきなり3着に粘り込んだものの、
その後は微妙に不足があることを露呈。
好位で競馬が出来る分、大崩れがないですがイマイチ
決め手に不足感があります。
力の要る馬場への適性はそれなりにありそうなので雨次第で・・

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック