けいけん豊富な毎日

宝塚記念回顧(回転が加速力を生む)  担【けん♂】

好天に恵まれた宝塚記念
いやー天気予報は当てになりませんね~(^^;

どの馬が先行するかも決め切れず、展開予想に難があったため
あっちへフラフラ、こっちへフラフラとしてしまいましたが
上位2頭は実力、出来ともにかなり抜けている・・・と予想しましたが・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着◎ドリームジャーニー  2.11.3  上がり34.3
2着 サクラメガワンダー   13/4
3着○ディープスカイ
4着△カンパニー
5着×スクリーンヒーロー

10▲アドマイヤフジ
11×エリモエクスパイア

※全着順は→ココ

ポンっと飛び出したスクリーンヒーローをかわして
コスモバルクが抜けだしてレースを引っ張りました。

5馬身ほど離れて実質的なペースを握ったのはスクリーンヒーロー。
アドマイヤフジ、インティライミが続いてカンパニーも押し上げて好位。

中段にサクラメガワンダー、アルナスライン、それを見ながらディープスカイ。
その後ろにマイネルキッツとドリームジャーニー。

先行を期待したエリモエクスパイアは後方・・・この位置では洋ナシです(涙)

12.6-10.9-11.2-12.2-12.1-12.7-12.3-12.1-11.5-11.7-12.0
前半1000m 59.0 
後半1000m 59.6

コスモバルクが離して逃げていたため、実質的に前半は60秒程度の平均ペース。
想定よりは微妙に速いくらいでしょうか。

徐々に失速していくコスモバルクを後方集団が飲み込んでいきます。

早目に仕掛けたのはスクリーンヒーロー、カンパニー、サクラメガワンダー。
コーナーで突き放す競馬を期待したアドマイヤフジは内側で何も出来ずに
下がるだけ・・・(爆)うーん・・・

4コーナー映像:宝塚記念
09宝塚

これまで長い脚を使う展開だと仕掛け遅れて届かなかった
サクラメガワンダーですが、今回はしっかりと前にくっついて
脚を伸ばしていきました。
分類では2ハロンの急加速勝負に強い、としましたが
タイミングがちゃんと合えば伸び脚が使える馬・・・ただしキレは微妙です。

道中は少し手綱を抑え気味に見えたディープスカイは外を回して
仕掛けていきましたが思ったほど伸びず・・・
消耗があったのかもしれませんが、元々内回りが合う馬ではなく
瞬発力の比べ合いでは専門職の馬に見劣ってしまう感じ・・・。

1頭だけ完全に違う脚色で伸びたのは・・・ドリームジャーニー
回りの馬に比べて脚の回転が異様に速く、急激な加速力が生まれています。
坂もまるで問題なし・・・阪神内回りに対する適性はまさに抜群ですね。
あっという間に馬群を抜け出して力強くGⅠ2勝目のゴールを通過しました。

レース後のコメント

1着 ドリームジャーニー 池添謙一騎手
「結果を出すことが出来て嬉しいです。ホっとしています。
スタートして1コーナーに入る時に折り合いがついて、有力馬が目の前にいたので、
マークしていこうと思いました。勝負どころでは仕掛けが遅れないように
後ろについていきました。直線は『頑張って伸びてくれ!』と思いながら、
追い出しましたが、本当に良い切れ味で、乗っていて気持ちよかったです。
厩舎サイドがこの馬にもう一度GIを取らせたいという思いを持っていて、
僕にも伝わっていたので、何とか結果を出したいと思っていたんです。
これからもっともっと頑張ってくれると思うので、みなさん応援して下さい」


2着 サクラメガワンダー 福永祐一騎手
瞬発力勝負では敵わないと思ったので、待たずに動いたんですが・・・。
勝った馬には絶好の流れになってしまいましたね。
ほぼイメージ通りの競馬は出来たんですが、残念です」


3着 ディープスカイ 四位洋文騎手
「道中はいい感じでしたが、3コーナーではもう手を動かしている状態でした。
(福永)祐一の馬は交わせないし、(池添)謙一の馬には交わされるし、
どうしたんでしょう。パドックや馬場に入ってからは良かったのに
どうしてなのか・・・。圧倒的人気でしたし、ファンの皆さんには申し訳ないです。
いつもなら持ったままで上がっていけるのに、行けませんでした」


4着 カンパニー 岩田康誠騎手
「すごく乗りやすい馬でした。本当は内に入れたかったけど、
それでも最後まであきらめずによく頑張ってくれました」


5着 スクリーンヒーロー 横山典弘騎手
「がんばってくれました」

6着 アルナスライン 蛯名正義騎手
「残念です、前が壁で内にも外にも出せませんでした。
下げて外へ出すわけにもいかないし、前も一瞬しか開きませんでした。
勿体なかったですね」


7着 マイネルキッツ 松岡正海騎手
「思っていた以上にやれました。2200メートルは、
もっと苦労するかと思いましたが、意外についていけたし、
直線も前が壁になって追えなかったけど、このメンバーでも
そんなに差が無いと感じました。これなら秋が楽しみです」


8着 スマートギア 武豊騎手
「精一杯の競馬、相手が強かったです」

9着 モンテクリスエス 安藤勝己騎手
「ゲートがよくなくて、位置取りがね。ずっとそのままで終わってしまいました。
乗りやすい馬ですし、もっと前に付けられたらやれると思います」


10着 アドマイヤフジ 川田将雅騎手
「スムーズに競馬は出来ましたが、GIの壁は高かったですね」

・・・横山典騎手のコメントはもうちょっとなんとかならないもんですかね(笑)

結局3ハロン勝負になった今回は、事前の考察で適性がある、とした馬が
ある程度上位にきています。
2ハロン勝負に強い馬は掲示板止まり・・・この辺りも想定どおりと
言えそうです。
その中ではサクラメガワンダーの好騎乗が光りましたね(^^)

3ハロン勝負に強い、としながらも下位に甘んじた馬は・・・実力不足、
もしくは本調子になかった、ということかと。

ドリームジャーニーは秋のGⅠ戦線でも人気を背負いそうですが・・・
東京では騎乗内容がまったく違う池添騎手だけに、非常に危険なニオイが
漂っているような気がします(^^;
あえて、今のうちに天皇賞秋ではドリームジャーニーを買わない宣言
なんかしちゃったりして(爆)
本気かよ!ドス(=゚д゚)ニい)'д‘)グハァ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
大阪杯勝った時に、ドリームジャーニー本命候補と
思っていたのですが、生かせずに無念でした・・。

2ハロン、3ハロン勝負の考察はバッチリでしたね(^^)

ディープスカイ、消耗があったと思いますが、
得意とする流れでなかったので、仕方なしですね。
四位騎手も恐らく馬主向けのコメントな気がします・・。

横山典騎手のコメントは・・・
ちょっと職人的過ぎますね(笑)

childsview | URL | 2009年06月29日(Mon)00:23 [EDIT]


お、同じくです

今回はキッチリ頭で買えましたが、秋の天皇賞でなんてとてもじゃないが買えません。特に府中の鬼ウォッカに勝てるとは思えませんもん。

ドリームジャーニーを年内に頭で買えるレースって、札幌記念・オールカマー・有馬記念くらいですかね。
アンライバルドが普通に成長してきたら、やられちゃいそうな気もしますが・・・

Mr.T | URL | 2009年06月29日(Mon)02:15 [EDIT]


>childsviewさん
どうもです(^^)/

後から振り返ってみるとドリームジャーニーの
このレースへの適性は抜群でしたね。
あとはG1の福永騎手・・・(爆)

ディープスカイのG1制覇はいつになるんでしょうね。
秋にはまたウオッカと・・・うーん
生まれた時代が悪かった?(^^;

横山典騎手のコメントは最近ひどいです(笑)
考察の役に立たないですよね・・(^^;

けん♂ | URL | 2009年06月29日(Mon)22:05 [EDIT]


>Mr.Tさん
おめでとうございます(^^)

池添騎手はなんで東京だと・・(爆)
有馬記念ではいっそ蛯名騎手に乗り代わった方が
確率が上がるかも(出遅れは勘弁ですけど:笑)

今年の3歳世代がどこまでやれるかも
楽しみですね(^^)
ディープスカイの出番がいつくるのかも
気になります・・

けん♂ | URL | 2009年06月29日(Mon)22:08 [EDIT]


 

トラックバック