けいけん豊富な毎日

宝塚記念(展開想定)  担【けん♂】

天気予報は二転三転・・・ひとまず土曜昼の時点の予報では
日曜は曇り。なんとか天気はもちそうです。

このところの好天により、馬場はパンパンに乾いて
先週よりも時計が出やすくなっていると考えられ、
キレが身上の馬には有利な馬場になってきた、と思われます。

宝塚記念(阪神2200m)についてもう少し考えてみたいと思います。

好位で競馬をしたい馬は多いものの、積極的に行きたい馬がいない・・・
こういうレースは展開の想定が難しいですね(>_<)

先行力が衰えてきているコスモバルク、このところ2番手くらいで
競馬をすることが多くなったアドマイヤフジ、スローならば前にも行ける
カンパニー・・・この辺りが一応の候補。
場合によっては思い切った競馬が得意な横山典騎手のスクリーンヒーローが
行くこともありえるかもしれません。

アドマイヤフジの川田騎手は皐月賞でまさかの大暴走?をしていましたが
前年の皐月賞を逃げ切っているようにゆったりと逃げて後半にペースアップを
する競馬が出来る騎手。
横山典騎手もカンパニーで先行したときも、ロジユニヴァースで弥生賞を
逃げたときも基本的にスローペース

前半1000mは60秒台~場合によっては61秒台も・・・?

問題はそのあと・・・3コーナーから下りに入り4コーナーに
どうやって入って行くか
が重要なポイントになってきます。

大阪杯では失速したヴィクトリーをとらえつつ、一旦は先頭に立った
アドマイヤフジでしたが、このときは同時にディープスカイ、
ドリームジャーニーも上がって行って4コーナーでほぼ横一線。

結果的に馬場の悪い内を通ったアドマイヤフジは2馬身差で
上位馬に屈したわけですが、この馬自身がハナを切って突き放すような
競馬が出来ればもう少しアドバンテージがもてそうです。

大阪杯の上がり3ハロンは
アドマイヤフジ    34.8
ディープスカイ    34.2
ドリームジャーニー 34.0

4コーナーで1馬身差程度あったところから結果的に2馬身差・・・
逆に言えば3馬身以上の差をつけて直線に入れたら、押し切っても
おかしくない、ということ(あくまで机上の計算ですが^^;)

逆に4コーナー手前で加速をせずに直線勝負になってくるようだと
大阪杯の再現
・・・好位に押し上げて末脚が使える馬に
飲み込まれる展開になってきそう・・・。

ディープスカイ、ドリームジャーニーを倒しにいくような
積極的な騎乗をしてくるのかどうか・・・先行馬に乗る騎手の
モチベーション
がレースの最大の分岐点、と言えるかもしれません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック