けいけん豊富な毎日

宝塚記念(穴馬について2)  担【けん♂】

サクラメガワンダーの近走は非常に安定しています。

鳴尾記念 1着
京都記念 2着
金鯱賞  1着


この3走の実績を見ればGⅠでも大いに期待出来る、と思われて
当然の数字ですが・・・内容的にはどの程度評価出来るのでしょうか。

ポイントになるのはこの3走が全て1番人気だった、ということ。
GⅠでの好走履歴がないこの馬が1番人気を背負うということは
相手関係的に不足がありそうです(^^;

       2番人気        3番人気
鳴尾記念 キャプテンベガ   ナムラマース
京都記念 カワカミプリンセス アサクサキングス
金鯱賞   ベッラレイア     スマートギア

うーん、実績馬のカワカミプリンセスはすでにピークを過ぎた牝馬ですし、
アサクサキングスは古馬GⅠでは底が割れてしまった印象(失礼^^;)
その他は期待馬とはいえ古馬重賞勝ちのない馬ばかり。
言わば・・・勝って当たり前のレースを勝ってきた、という感じでしょうか。

鳴尾記念の勝ち時計1.46.0は開幕週とはいえ、途中まで
稍重だった馬場が回復したばかり、という状態でのものなのでかなり優秀
2着を3馬身突き放した内容も力の違いを見せたと言えそうです。

展開的にはハイペースの前崩れ気味のレース。
中段後方からのサクラメガワンダーにとっては完璧にハマった印象です。

京都記念はスローペース
道中にかなり緩んだポイントがあり、先行気味に行った馬が
極端に有利になる展開でした。
好位から押し上げて3番手からの競馬になったサクラメガワンダーは
アサクサキングスをとらえきれずに2着。
斤量でも1kg有利だっただけにこの辺りに決め手の不足
感じてしまいます。

金鯱賞も中京2000mにしては前半が緩いペース。
後半に緩まない展開を好位から押し上げてそのまま抜け出した内容は
かなり強い
と評価出来ますが、前が有利な展開なのに
回りの先行馬が崩れていった
のは・・・微妙。
相手関係は相当レベルが下・・・かも。

この3走の内容をまとめると、福永騎手の位置取りが完璧だった、
というのが1番の評価でしょうか(^^)
どのレースにおいても最も有利なところに馬を置いて
素晴らしいレースぶり。これは大いに評価出来ると思います。

相手関係的には・・・勝って当然のレース。
京都記念を取りこぼしたのが逆に不足を感じます。

ハイペースで前崩れ気味になると末脚が鮮やかに見えますが
実質的にはそれほどのキレではない感じ。

東京1800m 11.5-10.5-11.3-12.0 4着
東京2000m 11.7-11.3-11.3-12.6 6着 
阪神1800m 11.9-12.2-11.3-12.5 1着
京都2200m 12.2-11.9-11.4-12.7 2着
中京2000m 12.2-11.7-11.2-11.6 1着

負けたレースは後ろから3ハロン目に急加速がある長い脚を使う展開。
好成績をあげた近3走は2ハロンの瞬発力勝負になっています。
長い脚が使えない、というわけではありませんが
こういう展開になると押し上げて行くことが出来ずに不足が出るタイプ、
と言えそうです。

宝塚記念が残り2ハロンの瞬発力勝負になるなら
コーナーで押し上げて競い合えるかもしれませんが
コーナー手前から脚を使うような展開になると・・・
届かず終いになってしまう可能性が高そうです。

先行馬のレース運びが明暗を分けそうですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

福永騎手について、自分は位置取りの上手さより、馬なりで出して美味しいところから追うイメージがありましたので、位置取りにこだわったという評価は、印象を改める必要がありそうです(^^;)

確かに実力不足な印象は自分もしていますが、先行馬次第ですよね…。

今回はガチガチで仕方なさそうな印象てすが、ドリジャの3着がないかを考えてます(^^;)

childsview | URL | 2009年06月26日(Fri)22:03 [EDIT]


>childsviewさん
たしかに福永騎手は天才肌の騎手で
結果的に上手くいった、みたいなレースが
多いような気がします(^^;

サクラメガワンダーもたまたまハマった
だけかもしれませんね(笑)
ただ、この馬に関してはかなり意欲が感じられるので
脚質をわかった上で考えて騎乗している、と
信じたいところかと。

先行馬・・・どの馬がどんな展開を作るか
本当に難解です。
同じメンバーでも別の日にやったら
まったく違う結果になるのかも・・・

けん♂ | URL | 2009年06月26日(Fri)23:04 [EDIT]


 

トラックバック