けいけん豊富な毎日

宝塚記念(力関係について)  担【けん♂】

★後半800mのラップ

・大阪杯(阪神2000m)
12.1-11.9-11.2-11.7

・マーメイドS(阪神2000m)
12.0-12.0-11.4-12.3

比較するとカーブから直線に入ってくるところのラップは
ほとんど差がないことがわかります。

しかし、マーメイドSでは縦長の隊列になったのと違い、大阪杯では
直線入り口でほぼ横並びの隊列・・・。

つまりこれは後半に緩まない展開になってもドリームジャーニー、
ディープスカイは前に詰めよって末脚を伸ばせる
、ということを示しています。

今回もある程度先行気味に行くと思われるアドマイヤフジ
2番手から直線に入っても粘りましたが、この流れで後続を突き放すような
競馬が出来ておらず、上位2頭にはキレで完全に見劣る格好になっています。

ディープスカイは59kgの斤量を背負って休み明け。
順調に使われてきたアドマイヤフジ、ドリームジャーニーとは
かなり状態面で差があったことを考えると

ディープスカイ≧ドリームジャーニー>>アドマイヤフジ

こんな力関係でしょうか。

★京都3200m
マイネルキッツ 4番手 34.9 1着
アルナスライン 4番手 34.8 2着

★中山2500m
マイネルキッツ 6番手 34.8 2着
アルナスライン 3番手 34.9 1着

★中山2200m
マイネルキッツ 8番手 35.4 4着
アルナスライン 3番手 35.8 6着

外回りの京都、直線が短い中山とまったく別の設定での比較・・・。
4コーナーでの位置取り、末脚のキレなどを比較してみても
マイネルキッツとアルナスラインの力はかなり拮抗しています
状態の差が余程あれば別ですが、通常であれば買うならばどちらも買うべき、
というくらいの力関係だと思います。

日経賞(中山2500m)の走破タイムは馬場状態が違うとはいえ
同条件の有馬記念を0.3秒上回っています。

中盤に13.0-13.2と緩んだ有馬記念に対し、12.7-12.8と
踏み止まった日経賞。
残り1000mからペースを上げてロングスパート勝負になった有馬記念、
残り800mからのスパートになった日経賞・・・ただしその分
日経賞では脚が止まっておらず・・・レベル差を考えると一長一短。

単純比較は難しいにしろ、日経賞の内容は高く評価して良さそうです。

この2頭はドリームジャーニーと近走でよく対戦をしていますが
アルナスラインは京都大賞典以降に調子を崩しており、
ドリームジャーニーも年末にはかなり馬体を緩めていて有馬記念、
AJCCの辺りは状態が良くなかったわけで、順位の比較で
力関係を見るのは難しい
と思われます。

ある程度良い状態で対戦が出来たのは・・・天皇賞春。
後半に締まった流れを押し上げて行ったドリームジャーニーですが
ロングスパートは本来の持ち味ではないだけに最後は脚色が上位2頭と
同じになってしまい、3着止まり。

判断が難しいところですが・・・
ここもかなり拮抗した力関係かもしれません(^^;

単勝人気では抜けた存在になりそうなディープスカイですが力関係でみると

ディープスカイ≧(ドリームジャーニー、アルナスライン、マイネルキッツ)

それほど大きな差はなさそうです。
リスクとリターンを秤にかけてみれば、あえて他の3頭から勝負
というのも効果的だと考えられます。

あとは出来の良さなどが勝負の分かれ目になってくるかもしれませんね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うーん、大阪杯のときは外伸びが顕著な馬場でしたから、アドマイヤフジをあまり下に見る必要は無いと思うんですけどね。

私は、2番手3頭のすぐ下ぐらいのイメージです。

┓( ̄Ⅲ ̄ )┏ | URL | 2009年06月26日(Fri)12:02 [EDIT]


>┓( ̄Ⅲ ̄ )┏ さん
おっしゃるとおり、大阪杯では内が伸びない
馬場状態だったことが大きな影響を
与えていたと思います。

実はかなり高く評価しようかと思っていたんですけど
大阪杯以外のレースでも末脚の伸び方を考えると
やはり粘り切るのは難しそうかと・・・。
大阪杯で◎を打った馬をあっさり見切るのは
どうかとも迷っているのですが・・(>_<)

けん♂ | URL | 2009年06月26日(Fri)13:14 [EDIT]


 

トラックバック