けいけん豊富な毎日

宝塚記念(血統的な適性について)  担【けん♂】

宝塚記念が行われる阪神2200mという条件について
血統的な適性を調べてみたいと思います。

種牡馬データ索引は→ココ

阪神適性
宝塚血統1

実質的な複勝圏率No1はアグネスタキオン
アグネスタキオンは全体的に非常に複勝圏率が高く、ポストSSとしては
完全に抜けた実績
となっていただけに亡くなってしまったのは
本当に残念です・・・。残された産駒に頑張っていってもらいたいですね。

上昇度で見ると・・・スペシャルウィークが強烈。
昨年はインティライミが3着に食い込んでおり、適性的には
侮れないものがありそうです。

他にはステイゴールド、チーフベアハート、アドマイヤベガの上昇度に注意。
ここでは期待できる血統だと思われます。

距離適性
宝塚血統2

実質的な複勝圏率が最も高いのは・・・やはりアグネスタキオン
種牡馬としての実績は当代No1ですね。

上昇度でみるとシンボリクリスエス、ステイゴールド、チーフベアハート
期待できる血統だと言えそうです。

まとめ
どちらの条件でも高い上昇度となっているステイゴールド産駒の
ドリームジャーニー、チーフベアハート産駒のマイネルキッツ
血統面での後押しがありそうですね。
どちらの面でも実質的に1位はアグネスタキオン産駒ということで
ディープスカイも宝塚記念への適性は十分、と言えそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック