けいけん豊富な毎日

宝塚記念(各馬分析2)  担【けん♂】

宝塚記念(阪神2200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

回避も出そうなので少頭数になるかもしれませんね。
煮詰まったメンバーになるならそれはそれで面白いですが・・・。

カンパニー】牡8(栗東) ミラクルアドマイヤ×(ノーザンテースト)
これまでの宝塚記念では5着→8着と結果が出せず。
マイル周辺を使われている馬ですが距離的には十分にこなせるスタミナが
あると思いますが、前半が速くなりやすい構造のレースだと
控える競馬になってしまう
ので、内回りでは届かず・・とレース自体が
この馬の脚質に合っていない印象。
能力はたしかなので余程のスローペースになるようなら一考があっても・・。

コスモバルク】牡8(招待) ザグレブ×(トウショウボーイ)
中央ではここ4戦連続で二桁着順。06年の秋から複勝圏もない
成績が続いているのは・・・厳しいですね。
前走の天皇賞春では一旦は好位に取り付いたものの、ズルズルと下がって
後方追走・・・先行力にも陰りが見えるだけに復活を期待するのは酷かと。

サクラメガワンダー】牡6(栗東) グラスワンダー×(サンデーサイレンス)
昨年末から重賞で1着→2着→1着、と素晴らしい安定感。
ただし、レースレベル、相手関係的にはかなり格下相手だっただけに
見た目の数字ほどの評価はまだ危険かも。
昨年の宝塚記念では後方から追い込んで4着、今のようにある程度
前で競馬が出来るならばもっと上が狙えてもおかしくなさそうです。
太目だった冬場の体を前走で少し絞ってきているので今回はさらに
もうひと絞り出来ていれば仕上がってきそうですね。

スクリーンヒーロー】牡5(美浦) グラスワンダー×(サンデーサイレンス)
大目標だった天皇賞春では前に行って失速・・・距離はある程度伸びた方が
好成績になるグラスワンダー産駒ですが、3000m級になると
さすがに少し長過ぎるのかも。好位から末脚が使える馬だけに
スタミナがもつようなら復活は十分に可能性があると思いますが
馬場が湿ると脚が止まる傾向が出ているのが気になるところ。

スマートギア】牡4(栗東) マーベラスサンデー×(パドスール)
相当なキレ味のある期待馬ですが、直線が短いと詰めの甘さが
出てしまう感じ。金鯱賞でも最速タイの末脚を使いながらも5着、
内回りのコースは合わないかもしれません。
湿った馬場への適性も低そうなだけに今回は条件が合わない印象です。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック