けいけん豊富な毎日

種牡馬データ(オペラハウス)  担【けん♂】

メイショウサムソンの活躍により、06年に種付け頭数が
大幅に増加したオペラハウス

もうすぐデビューする世代には第2のメイショウサムソン、
テイエムオペラオー
が隠れているかもしれません(^^)

大物とそれ以外の馬との差が大きい血統・・・というイメージですが
どういう傾向があるかここで一旦整理しておきたいと思います。

競馬場別複勝圏率
オペラハウス1

得意にしているのは福島、中山。小倉、函館などの小回りの競馬場
基本的に人気どおりの走りしかしない傾向が出ていますが
中山や小倉では穴馬率も高く侮れません。

逆に新潟や東京などの直線が長い競馬場では成績悪化
特に東京では人気を背負っても裏切る傾向が出ており、注意が必要です。

距離別複勝圏率:芝
オペラハウス2

露骨に距離が伸びると複勝圏率が上昇
基本的に2000m以上必要、という感じでしょうか。
短距離だと1着率が相当低く、かなり厳しい状況にあるので
早い段階での勝ち上がりが難しい血統になりそうです。

長距離での複勝圏率が一番高いですが、人気を裏切る傾向にあり
狙うなら中距離周辺がベストになるのかも。

天候別複勝圏率
オペラハウス3

あまり大きな差ではありませんが、馬場が湿ると複勝圏率が上昇
雨に強いイメージがすでにあるようで支持率自体も上昇しています。
積極的に狙いたい、というほどではありませんが
他馬の評価が落ちるなら相対的に評価を高めたい種牡馬だと思います。

まとめ
・基本的には人気どおりの走りをする傾向
・得意な競馬場は小回りの競馬場(福島、中山など)
・直線が長い競馬場は不得手、東京では人気をしても信用できない
・距離が伸びるほど複勝圏率は上昇
・かといって長距離過ぎると信頼度は低下
・湿った馬場はそれなりに得意。他馬が鈍るなら相対的に上昇

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック