けいけん豊富な毎日

ダービー(展開分析)  担【けん♂】

ダービーが行われる東京2400mはオークスと舞台が一緒なので
構造については割愛、ただ・・・スローの瞬発力勝負になりやすい
オークスに比べて厳しい消耗戦になりやすい、と言われているようです。

たしかにオークスでは33秒台の末脚が普通に出ますが、
ダービーではディープインパクトが05年に出すまではゼロ・・・。
意外なまでに上がりがかかるレースになっていました。

しかし、その後は07年にウオッカが33.0の鬼脚を使い、
同じレースで他にも5頭の33秒台の馬が出現、
昨年のディープスカイは34.2でしたが、徐々に様相が
変わってきている印象
もあります。

改装された03年以降のデータを見てみると

4コーナー位置取りと着順の関係
ダービー位置1

オークスに比べて、全体的に先行有利な傾向にシフト
かなりのバラつきはあるものの、
1着→先行、好位が優勢、後方一気にも注意
2着→先行前残りが圧倒的
3着→後方からの飛び込みが多い、前残りにも注意


こんな感じで「前→前→後」というパターンが多いようです。

今年のメンバーではゴールデンチケット、ジョーカプチーノといった
ハイペースを作りそうな逃げ馬がいるので前半1000mは
相当速い数字になってきそうです。
800m通過が46秒~47秒台程度、と考えるなら1000mは
ほぼ確実に60秒を切ってくるペース。
かなり縦長の隊列でのレースになりそうですね。

03年以降に行われた東京2400mで前半1000mが60秒以下の
レースを見てみると・・・

4コーナー位置取りと着順の関係:前半60秒以下
ダービー位置2

非常に傾向が掴み辛いですが(爆)、おおよそ先ほど書いたとおり
前→前→後というパターンが有効なようです。

今回データを取った20レース中、11レースで3番手以内の馬が
絡んでおり、6番手以内の好位の馬を含めると19レース
ほぼ全部のレースで入線しています。
後方からの差しだけで決着することは・・・相当なレアケース
逆に前の馬だけで決着しているレースも1つしかなく、
前と後ろをどう組み合わせるか、が馬券の鍵になってきそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック