けいけん豊富な毎日

竹島周辺の海底調査のため調査船派遣   担【けん♂】

まぁいまさら言うのもなんですが韓国の理不尽さぶりには
あきれるばかり・・(^^;
日本の領土である「竹島」を不法占拠して、もはや50年余り。
この問題に関わると極端な拒絶反応を示す韓国人とは
冷静に話し合うことすら無理な状態が続いていますね。

今回の日本政府による調査船派遣の目的は
・韓国による海底地形命名を牽制する
・対韓だけではなく対中、対露への領土問題について牽制する

ということだと思います。
中国に対しては海底資源問題で完全に遅れをとってしまい、
政府の無策ぶりが批判されていますね。
今回韓国に日本海海底の資源を奪われるようなら・・・
国民からとんでもない突き上げをくらうのが見えています。
ここは多少無理してでも突っ込みをいれるべき、という
政治判断が見えるように思えますね(^^;
もちろん「いざとなったらここまでやるぞ」という
意思表示は北方領土問題にも一石を投じることになるでしょう。

この問題についてかなり面白い討論が行われたのが
4/23放送分「たかじんのここまで言って委員会」。
ゲストに大阪市大の朴一教授を迎えて在日の立場から
この問題について語ってもらったわけですが・・

いいかげんにしろ!

と言うのが率直な感想。
かねてから言われている国際司法裁判所への提訴についても
日本海を「東海」と名称変更をしようとしている件についても
たくみに話をすり替えて、まるで

国際世論が韓国に味方かのような言い草。

朴:「韓国でも中国でも当たり前のように『東海』ですよ!」

こういう詭弁って聞いてられない・・。
学者だから?韓国人だから?

朴:「1905年に『竹島は日本の領土』と宣言したのは
   日本の領土ではない、とわかっているからでしょ」

その論理でいうと韓国が現在「独島は韓国の領土」と
騒ぎ続けているのは
明らかに韓国の領土ではない
と内心思っている証明ですよね?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック