けいけん豊富な毎日

大阪杯(展開分析)  担【けん♂】

大阪杯(阪神2000m)について見ていきたいと思います。

阪神2000m(内回り)はスタートしてすぐに上り坂になっており
加速がつきにくい構造。
300mほどでカーブ、そのあとは京都と違って上り坂もないので
淡々としたラップが刻まれる傾向があるようです。

1200mを超えたところでカーブしながらの下り坂。
残り800mは息を入れられないペースになりやすいわけですが
馬場が湿ると滑らないように減速することもあるので
良馬場とはガラリと展開が変わってしまいます。

基本的には下り坂を利用して加速しながら先行馬が逃げるために
後方からは位置取りを詰めにくく、隊列は長目のまま直線に入りやすいと
考えられます。
長い脚が使える先行馬がいるかがまず大きなポイントになってきそうですね。

外回りよりは最終コーナーがタイトになっているので外を回した馬は
大きく外側に膨らまされる傾向。かなりロスが出てしまいます。

ペースによっては直線の上り坂で脚が止まる先行馬も出るので
その場合は差しが有効・・・ただし坂を問題にしないスタミナのある先行馬
そのまま押し切ってしまえるコースだと思います。

4コーナー位置取りと着順の関係
大阪杯位置

この時期に行われる古馬の上位クラスのレースとして大阪杯と大阪城Sのデータ
取ってみました。※大阪城Sは1800m外回りのデータを除いています。

通常の阪神2000mでも相当な先行有利の傾向が出ていますが
大阪杯、大阪城Sの場合は極端に先行有利
コーナーで10番手より後方の馬はほとんど複勝圏に飛び込むことは出来ません。
中段からの差し馬がそれなりに飛び込んでいることにも注意。
展開によって左右されるレースでもあることがわかります。

四位騎手が後方から大きく回すようだと・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

このレース、5歳以上でズブくなってきた中長距離馬が、
勝負所で付いていけずに沈むイメージが強いんですよね・・・
(ネーハイシーザー、テイエムオペラオー、メイショウサムソンなど)

今年はマツリダゴッホがドンピシャですが、果たして?

┓( ̄Ⅲ ̄ )┏ | URL | 2009年03月31日(Tue)23:00 [EDIT]


>┓( ̄Ⅲ ̄ )┏ さん
おっしゃるとおり、前走あっけなく負けてますし、
2000mってちょっと短いイメージもある
感じです。

慣れた騎手ならまだしも武豊騎手、というのが
また悩ましいところ。
見事に捌いてみせてくれるのか、
他馬の後ろについていって伸びずに終わるのか・・

脚質的には買わないとまずい馬ですが
信用はしにくいですよね(^^;

けん♂ | URL | 2009年04月01日(Wed)01:11 [EDIT]


大阪杯・大阪城Sの過去10年間の平均頭数が12~13頭程。
10番手以降が不在と化すのは道理かな、と。

ただ、強烈な差しが決まった時ってインパクトありますよね。
2001年のトーホウドリームは今でも鮮烈。(^-^)

クルツコワ | URL | 2009年04月01日(Wed)12:44 [EDIT]


>クルツコワさん
ご指摘ありがとうございます(^^)
おっしゃるとおり、頭数の関係は大きいですね。

数字のバランスから言うと実質はある意味極端に
前か後ろか、という感じなのかもしれません。

01年は前半から速めのペースで行って
まったく緩まず、前の馬がつぶれた展開。
こういうパターンだと差し馬が圧倒的に有利に
なってきますね。
トーホウドリームが差し切ったメンバーは
凄かっただけにインパクトが強いですね(^^)

けん♂ | URL | 2009年04月01日(Wed)16:10 [EDIT]


 

トラックバック