けいけん豊富な毎日

大阪杯(各馬分析1)  担【けん♂】

登録馬は15頭、回避も何頭か出そうなのでかなりの少頭数になりそうですが
大阪杯(阪神2000m)はかなり強烈なメンバーになりそうです(^^)

以前は少し手薄・・というか阪神大賞典の影にある印象でしたが
メイショウサムソンがここからの始動で天皇賞春を制し、
昨年はダイワスカーレット、エイシンデピュティが活躍したことで
一躍注目のレースになったという感じ。
今年はどんな激戦になるのでしょうか・・・。

アグネストレジャー】牡7 57.0kg(栗東) サンデーサイレンス×(トニービン)
中段もしくは後方からの差す競馬が基本ですが、前走は早めに仕掛けて失速。
阪神の内回りという条件も脚質には合わず、重賞では完全に壁にぶつかっているだけに
ここでは期待しにくいと思います。

アドマイヤフジ】牡7 57.0kg(栗東) アドマイヤベガ×(Be My Guest)
先行気味に行って脚を伸ばす競馬が完全に定着し、安定感が出てきました。
GⅠではどうしても不足感がありますが、重賞辺りでは最上位クラス
中山、京都での好走が目立つ成績ですが、阪神でも内回りならば
脚質はピッタリはまる
かも。展開に上手く乗れたら上位を食う構図も
十分にありそうです。

ヴィクトリー】牡5 58.0kg (栗東) ブライアンズタイム×(トニービン)
年明け2戦目の京都記念で先行脚質が復活。最後の詰めは鈍さが
あるものの、展開や仕手関係、競馬場次第では復活Vもどこかで
あるかもしれません。今回も内回りだけに上手く粘りこめれば・・・

カワカミプリンセス】牝6 55.0kg (栗東) キングヘイロー×(Seattle Slew)
大目標だったエリザベス女王杯で敗れ、引退かと思ったんですが
どうやら現役続行みたいですね。
京都記念でも好位から勝ち馬と同じ脚を使っており、
牡馬の上位馬相手でもまったく引けを取らない能力を見せています。
短い直線でも発揮出来る瞬発力のある末脚が武器なので
タイミング次第で上位進出もありそうです。

キングストレイル】牡7 57.0kg (美浦) サンデーサイレンス×(ノーザンテースト)
出てくるなら連闘になります。
短距離を使ったことで行き脚がつくようになり、先行気味にレースが
出来るようになったのが収穫でしたが、前走は完全に脚が止まって大失速。
年明けからすでに4戦しており、そろそろ疲れが出ているのかも。

サザンツイスター】牡9 57.0kg (栗東) ダンスインザダーク×(ヘクタープロテクター)
障害に転向して3戦して勝ち上がれず、芝の重賞で上位馬と・・・
というのはどう考えても無理がありそうです。

サンライズマックス】牡5 57.0kg (栗東) ステイゴールド×(ダンシングブレーヴ)
末脚の威力がある馬ですが、どちらかというと平坦小回りの競馬場で
瞬間的な伸び脚を使う方が合うタイプのようです。
同父のドリームジャーニーと雰囲気が似てますね。
昨年の大阪杯では上位馬に格の差を見せつけられる結果で終わってしまいましたが、
今年は前の馬の力が落ちるならリベンジなるかも?!

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック