けいけん豊富な毎日

高松宮記念(展開想定2)  担【けん♂】

前回、直線での隊列を想定してみましたが・・・よしおさんから
コメント欄でご指摘があったとおり、不確定要素が一杯あるので
非常に難しいところ・・でも最も重要になりそうなので大変です(^^;

ハナを切りやすいのはローレルゲレイロだと思いますが
あとはこの馬に突っかかって行く馬がいるかどうか・・・。

これまでの内容からすると、先行気味に行きたいけれども
無理してハナを切るまでもない
、という馬が多く、
いつもハナを切っているジョイフルハートは大外に入ってしまった上に
今回は乗り代わって初騎乗となる太宰騎手。
・・うーん、2択ですね。
行くしかない、と暴走するか、この枠なら仕方ないと控えてしまうか・・
近走の出来から考えると無理に行かないのではと想定してみましたが
果たしてどうでしょうか。

もう1頭、最内のコスモベルの動向も微妙です。
激しい気性の佐藤哲騎手(爆)ですのでここは先頭切って
行ってしまうかもしれません。

前半600mのペースは33秒台になると思いますが
ここが33.5秒よりも速くなるようだと、かなりハードなペースになり
前の馬が有利だとはいえ、脚を残せる馬が限られてきそう。

33.6以上に落ち着いて(それでも速いですが^^;)流せれば
後半は消耗戦というよりも力勝負、キレ勝負の様相を呈してきそうです。

出来れば34秒台で行ってもらいたいウエスタンダンサーなどには
いずれにしろちょっと厳し過ぎる内容になるのではないかと考えています。

ひとまず、前回の想定のまま直線に向かうとなると
最内の伸びるコースを通れるのはローレルゲレイロ、スリープレスナイト、
コスモベル
辺り。
並びかけて行くようにキンシャサノキセキ、アーバニティ
アーバニティは多少馬場が荒れていても適性でこなせると思います。

ビービーガルダン、ファイングレインは中段から外を回して
上がって行きつつ、外に開いて行くのでは・・・。
こうなると伸び脚不足になる可能性が出てきそうです。

中段、中段後方の馬が外に行くのを尻目にグッと内側で我慢して
直線内側を突きに行きそうなのは・・・ファリダット、アーバンストリート、
トウショウカレッジ
辺り。
ファリダットは陣営から内を突く指示が出ているようですが、四位騎手は本来
外を回しやすい騎手だけにどう乗ってくるか微妙です。
福永騎手は内を突いてショートカットするのが得意な騎手。
今回も仕掛けどころ次第だと考えているようです。

コーナーでペースが落ちるようだと後方から内に切れ込む馬にも
チャンスが出てくるかも。
中京競馬場では上がり3ハロンが0.1秒違うと約0.37馬身差
縮まってくる計算。
1秒速い上がりを使っても4コーナーで3馬身半差程度にいないと
届かないことになるので、ハードルはかなり厳しいと思われますが
中京競馬場はコーナーの傾斜度がキツく、スピードを上げたままでは
曲がりにくい構造なだけに、4コーナーでの隊列の形
どうなるのか・・・興味深いですね。

ざっと考えて、前で競い合うスリープレスナイト、ローレルゲレイロ
あとはコスモベル?を追いかけてキンシャサノキセキ、アーバニティ
そこからワンテンポ、ツーテンポ遅れて後方から内を突いてアーバンストリート、
ファリダット、トウショウカレッジ
が追い込んでどこまで・・・

最後は位置取り、仕掛けどころ、出来など非常に微妙な部分で
決まってきそうですね。もう一度考えてまとめていきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック