けいけん豊富な毎日

高松宮記念(各馬分析2)  担【けん♂】

高松宮記念(中京1200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ローレルゲレイロ】牡5(栗東) キングヘイロー×(テンビー)
絶好の状態で迎えた昨年のこのレースでハナを切って4着。
速いペースで行って最後に粘り脚を発揮出来る馬、マイルまで対応出来る
スタミナ
があるので展開次第では上位まで期待出来そうですが
中京1200mでは最後の決め脚に少し不足があるのが・・・厳しいところ。
後続をどこまで抑え切れるか・・。

アーバンストリート】牡5(栗東) スウェプトオーヴァーボード×(Theatrical)
後方からかなり鋭い脚を使う期待馬。前走で初の重賞制覇となりましたが
前の馬が止まった感があり、上位馬相手にどこまでやれるかは微妙。
この時期には内側が荒れやすい中京競馬場、外との馬場差
出てくるようならチャンスも。

ウエスタンダンサー】牝5(栗東) デヒア×(オペラハウス)
好位から脚を伸ばす馬ですが、馬場が緩めだったり。前半のペースが
それほど速くならない時
のほうが結果が出ているとおり、
上位馬相手の高いレベルのレースだと厳しいかも。
前走の大敗は休養明けということもあり、度外視して良さそうですが
前半が少し速すぎた感じでした。GⅠでは少しキツイかも。

ファリダット】牡4(栗東) Kingmambo×(Sunday Silence)
短距離女王ビリーヴの息子ということもあり、人気先行になりがちですが
イマイチ結果が伴っていません。脚質的に後方からになるので
最後の詰めが甘くなってしまいますね。1200mは1度しか経験がなく
前半が極端に速くなるこのレースではいつも以上に後方になりそう、
余程前が崩れる展開にならないと厳しそうです。

ジョイフルハート】牡8(栗東) サクラバクシンオー×(Topsider)
ダートの短距離で素晴らしい成績をおさめていましたが
07年から急に崩れてしまい、復活する手がかりが感じられません。
前半が速いペースに対応出来る先行力がありますが
最後は脚が止まる感じ。芝のレースでも結果を出した事はありますが
年齢を重ねて上昇が見られないだけに・・。

アイルラヴァゲイン】牡7(美浦) エルコンドルパサー×(Meadowlake)
速いペースを前で頑張れるスタミナがある馬ですが、08年からは
歯車が狂ったように崩れる
ようになってしまいました。
前走でも本来は得意とする湿った馬場で好位から脱落(涙)
復活への足がかりが見つからない印象。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック