けいけん豊富な毎日

スプリングS(重馬場適性分析)  担【けん♂】

スプリングS(中山1800m)について見ていきたいと思います。

天気予報は少し変わってきて、日曜も晴れ時々雨程度になる模様。
馬場には大きな影響はないかもしれません。

関西でも木曜の晩から朝方にかけてかなり激しく降ったものの
金曜になって回復。風も強いですし・・・うーん、どうなるやら。

ひとまず血統的な重馬場適性を調べておきますが
天気次第で予想に加味するかどうか判断したいと思います。

血統別重馬場適性
スプリング重馬場

大きく湿ることは考えにくいので、あっても稍重程度でしょうか。
サンデーサイレンスの系統では重馬場での上昇度が高い
マンハッタンカフェ、エイシンサンディは少し湿った程度の馬場が得意です。

父のフレンチデピュティほどではないですが、クロフネも稍重は
こなすようになってきています。

シンボリクリスエス、タニノギムレットといったロベルト系の種牡馬も
力の要る馬場は上昇傾向。

産駒が少ないだけにデータ的に微妙ですがワイルドラッシュ、
ストームキャット
の上昇度は凄まじいですね(^^;
今後も覚えておきたいデータだと思います。

新種牡馬キングカメハメハはキングマンボの特性を受け継いで
重馬場巧者になっています。
・・・それに対してネオユニヴァースは湿った馬場で大きくダウン。
元々の複勝圏率が高いのでこなせる馬も出てはいますが
基本的な傾向としては力の要る馬場では割り引いた方が良さそうです。
人気を被りそうなアンライバルドは・・・

タイキシャトルは産駒によってバラつきがある感じですが
総合的にはかなり重馬場を苦手にする傾向。
レッドスパーダは先行脚質なだけに期待したい馬ですが
脚が止まってしまうかも・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック