けいけん豊富な毎日

スプリングS(展開分析)  担【けん♂】

スプリングS(中山1800m)について考えてみたいと思います。

昨年はここまで複勝圏を外さない安定感を誇ったスマイルジャック、
萩Sで高い内容を示しながら、その後に失速気味だったフローテーションで
決まったこのレース。

ポイントになるのは展開や能力などに加えて、陣営の意気込みではないかと思われます。

このレースは皐月賞へのステップですので、すでに権利を持っている馬にとっては
叩き台、調整の意味合いがありますが、なんとかして権利を取りたい馬にとっては
上位入線が至上命題

昨年のフローテーションは関西からの遠征で横山典騎手に騎乗を依頼
なんとしてでも権利を取りたいという意思が見えました。
当日は▲10kgと完全に仕上げてしまったので本番では失速してしまいましたが
その意味では当日の仕上げ状態、というのも大きな意味合いを持ちそうです。

今回も関西からの遠征馬に関しては関東の上位騎手に依頼をかけるようなら
注意
してみたいと思います。

スプリングSは先週行われた中山牝馬Sと同じ中山1800mが舞台。
昨年はこの期間に内側にローラーをかけていたので今年も同じなら
内伸びの馬場になっているかもしれません。

スタート後にすぐにカーブになるので先行するなら内枠有利。
カーブの出口からはダラダラとした下り坂になっていますが
この時期の3歳戦ではここでペースが上がることはほとんどなく、
前半1000mが59秒を切るようなレースは余程の暴走系の先行馬が
いない限り考えなくて良さそうです。

基本的には後傾ラップ
前の馬が止まりにくいので後方から外を回して押し上げていくのは
かなり難しいレースになります。

先週の中山牝馬Sのように上手く内側に切れ込んでショートカットするような
騎乗をしてくる騎手がいれば、多少位置取りが後ろでも面白い存在に
なりそうなので騎手の力量にも大いに注目したいところですね。

4コーナー位置取りと着順の関係
スプリング位置

3月に良馬場で行われた3歳戦(500下以上、牝馬限定戦を除く)の
走破タイムが速い方から20レースのデータです。

圧倒的に先行有利。少なくとも好位につけていないと厳しいですね。

ざっとメンバーを見た感じでは暴走系の馬はいないので
傾向としては例年通り、前が止まらない展開になりそうです。

中山競馬場では上がり3ハロンが0.1秒違うと約0.36馬身縮まる計算。
上がりが1秒速い末脚を使ったとしても4コーナーからでは3.6馬身差しか
差が縮まらないので、実質的には前の馬から1~2馬身差に詰めていないと
厳しい
と考えられます。
あとは先ほど少し触れたように内側をショートカット出来るかどうか・・でしょうか。

基本的に前の馬中心
後方の馬は内を割れる馬格と騎手の腕があれば一応注意、という感じになりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今週末も中山は雨模様ですね・・・

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/12/32004.html

中山牝馬Sもそうでしたが、調子×実力×脚質×馬場適性で、いくらでも穴があきそうな雰囲気ですね・・・

┓( ̄Ⅲ ̄ )┏ | URL | 2009年03月17日(Tue)09:48 [EDIT]


>┓( ̄Ⅲ ̄ )┏さん
あらら、天気予報がまた変わってますね・・
ありがとうございます。
雨ですか・・・これはおっしゃるとおり
荒れる要素が満載かもしれません。

どの程度馬場が湿ってくるのか
チェックしなければいけないですね。
うーん、本番につながる内容になるのかどうか・・

けん♂ | URL | 2009年03月17日(Tue)19:52 [EDIT]


 

トラックバック