けいけん豊富な毎日

スプリングS(各馬分析2)  担【けん♂】

スプリングS(中山1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

セイクリッドバレー】牡3(美浦) タニノギムレット×(フジキセキ)
血統的には中山が極端に苦手なタニノギムレット産駒ですが
スマイルジャックやこの馬のように、好位から脚が使える馬の場合は
それなりに好走があります。
葉牡丹賞では高い内容のレースでトーセンジョーダンに2着に入っており
能力面ではかなり期待出来そうな馬
この馬も相手なりに走るタイプで、安定感があります。
戦ってきた相手関係もレベルが高いだけにここでも楽しみです。

セイクリムズン】牡3(栗東) エイシンサンディ×(サウスアトランティック)
ダートの短距離で2連勝、しかし前走では距離延長で脚が止まって完敗。
芝でも好走があった馬ですが実績的には未勝利・・重賞でいきなり、
というのは厳しそうです。血統的にも距離延長はマイナス材料

ツクバホクトオー】牡3(美浦) フジキセキ×(アーミジャー)
休養明けのクロッカスSでは+20kg、前走は輸送もあって
今度は▲16kgと大きく変動。本来の力が出せる状態ではないので
もう少し好走できても良さそうですが、夏からの成長分に関しては
まだ不明です。フジキセキ産駒は実際には距離延長の方が結果が出ており、
侮れないものがありそうですが、中山適性は微妙。
中段から脚を伸ばすタイプだけにここでは不安がありそうです。

トップクリフォード】牡3(栗東) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
好位もしくは中段後方からの競馬で上位馬相手に完敗続きでしたが
前走では自らハナを切って逃げ切り勝ち。藤田騎手の作戦勝ちという感じでした。
ただし、内容的には超スローの前残りですので評価は出来ません。
血統的にも中山は鬼門ですのでここでの好走は厳しいかも。

フィフスペトル】牡3(美浦) キングカメハメハ×(Bahri)
今回は武豊騎手に乗り代わり。朝日杯FSでも中段から素晴らしい脚を
発揮して2着に飛び込んでおり、瞬発力は相当なものがある馬だと思います。
短距離で結果を出した馬だけにある程度前でも競馬が出来る馬ですが
果たしてどういう騎乗をしてくるでしょうか。
キングカメハメハ産駒の実績はマイル周辺に集中しており
1800mは十分に守備範囲ですが、本番は果たしてどういう競馬になるのか
2000m級のレースでの走りを見ておきたかったですね。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック