けいけん豊富な毎日

中山記念(各馬分析2)  担【けん♂】

中山記念(中山1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

今週は土曜日までぐずついた天気が続き、予報では日曜には
回復する見込みですが、芝の下の土は緩くなったままでそう簡単には
戻りそうもありません。開幕週とはいえ速い時計のレースになるかは微妙かも。
場合によっては重馬場適性なども関係してくるかもしれませんね(^^)

スウィフトカレント】牡8 57.0kg (栗東) サンデーサイレンス×(Machiavellian)
後方から強烈な末脚を使う馬でしたが、近走では鬼脚が影を潜め
掲示板にも届かない競馬が続いてしまっています。
脚質的にも平坦巧者という成績であり、中山での好走は期待しにくいと
思われます。距離は合いそうですが・・・

スマイルジャック】牡4 57.0kg (美浦) タニノギムレット×(サンデーサイレンス)
ある程度前で競馬が出来るので中山を極端に苦手にするタニノギムレット産駒
にしては、適応力がありそうです。
前走では不良馬場で前の馬が止まったために繰り上がったような3着。
現状では古馬重賞の流れについていけていない印象ですね。
厳しいレースを我慢するスタミナはあると思いますが
キレに不足感があるだけに上位争いは・・・厳しいかも。

トウショウシロッコ】牡6 57.0kg (美浦) アドマイヤベガ×(ニッポーテイオー)
ここ2走ともプラス体重で前走は過去最大タイの490kgで3着。
絞れた体を徐々に充実させてきているだけに状態は良さそうです。
好位から競馬が出来るので安定感がありますが、決め脚に不足があり
勝ち切るまでは微妙。07年のこのレースでは太目の体を持て余して
大敗していましたが、その後の成長に期待したいところです。

トップガンジョー】牡7 57.0kg (美浦) マヤノトップガン×(ゴールデンフェザント)
復帰戦となった前走では後方で何もせずに大敗。
回ってくるだけのレースだったので、叩いて今回からが本当の復帰となります。
結果を出しているのは東京、新潟に偏っており、脚質的に中山は微妙
ある程度好位でも競馬が出来ますが、その場合は末脚に大きく不足があるので
展開が合わない可能性が高そうです。

ドリーミーオペラ】牡7 57.0kg (美浦) オペラハウス×(マグニチュード)
昨春には中山1600mでヒカルオオゾラ、スズカコーズウェイなどを
破っているだけに能力がないわけではないと思いますが、成績は非常に不安定。
かなり後方からの脚質の割りにキレがなく、重賞ではこれまで
まったく問題外。馬格がないのも厳しいですね。
出番があるとしたら、上がりがかかる馬場になるときでしょうか。
重馬場になったら穴候補

ドリームジャーニー】牡5 57.0kg (栗東) ステイゴールド×(メジロマックイーン)
この馬自体は瞬発力もあり、中山を苦手にするタイプではないと思いますが、
主戦の池添騎手が極端に中山が苦手・・・。
他の競馬場でこの馬が結果を出しているレースは全て4コーナーまでに
押し上げて好位に取り付いており、有馬記念、AJCCのように
コーナーで9番手、10番手では厳しいですね。
今回も余程前が崩れるか、池添騎手が思いきった騎乗をしてこない限り
厳しいレースになってしまいそうです。
馬体が絞りきれていないのも不安材料なのでプラス体重なら一層危険かも。

マルタカハーモニー】牡7 57.0kg (美浦) タヤスツヨシ×(クリスタルグリッターズ)
前が飛ばすレースを2番手で追走して粘り切って1600万下を
勝ち上がり。内容的には・・・展開勝ちという感じですね(^^;
末脚がかなり鈍く、余程上手く先行していかないと後続の脚を
抑え切るのは難しそうです。重賞で上位馬相手にどうこう出来る印象は
残念ながらなさそうかと。

ランヘランバ】牡6 57.0kg (栗東) タイキシャトル×(Machiavellian)
芝では1000万下で3着がありますが、基本的に結果を出しているのは
ダートのみ
。いきなり芝の重賞でどうこう出来る実績ではないと思われます。
新春Sではハナを切ってそれなりのペースで引っ張っていますので
出てくればペースに影響をしてくるかもしれません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック