けいけん豊富な毎日

競馬雑感(人それぞれの楽しみ方)  担【けん♂】

以前、私が競馬にハマる前・・・職場に馬が大好きで仕方がない奴がいました。

週末近くになるとあの馬がどう、この馬がどうで・・と楽しそうに
話してくるわけですが、当時の私にはさっぱり意味不明(爆)

麻雀中毒者だった私は競馬っていうギャンブルがそんなに楽しいものなのか?
走っているのは馬なんだろ?そんなの信用出来るかよ?
と思いながら「あ、そう」と話半分に聞いていたわけですが
どうもこの彼には馬券を買っている節がない・・・。

馬券も買わずに何が楽しいんだ?
とストレートに訊いてみると

馬を見てるだけで楽しい。生まれ変わったら馬になりたい

という返答。

今ならこの気持ちはわかる気がするんですが、あのときは
やばい、こいつ変態ちゃうか・・・(怖)
なんて思ってしまったことを覚えています(^^;

馬券を当てる、そういう視点でももちろん競馬は楽しめますが
単なる当てモノとして接するにはもったいない魅力が競馬にはあると思います。
まぁ麻雀が単なる絵合わせじゃない、というのと同じでしょうか(^^)

昨年の天皇賞秋のレースを観て、馬券が当たった外れただけで
話をするのは寂しいですよね。
むしろ馬券なんかどうでも良くて(っていうのは極論ですが)
こんな凄いレースをする馬に出会え、そしてその凄まじいばかりの能力が
ぶつかり合った世紀の瞬間に立ち会えたことに感動した、というのは
私だけの感想ではないと思います。

ドラマであり、ロマンであり、論理であり、ギャンブルであり・・・
うーん、総合的娯楽?それだと陳腐過ぎですか・・・(^^;

とはいえ、こういう感覚も人それぞれ。

昔から競馬をしていた20年来の友人はすでに馬券を買わなくなって
久しいそうです。

それでも競馬場にたまに出掛けて行っているようで、何をしているかと言うと
ラス当て勝負』・・(爆)。

要はこのレースでどの馬が最下位になるかを仲間うちで当てっこしているわけで、
指名した馬が最下位から数えて何番目かで1順位いくら、というギャンブル。

呆れてしまうほど邪道の極みですが、その友人曰く
JRAには勝てんから人と勝負するんや
だそうです。

こうなるとドラマもへったくれもないですね(^^;
彼の目にはダイワスカーレットはどう映っていたんでしょうか・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

競馬好きいろいろ

こんにちは♪

私も競馬を知らない頃、毎日飲む同僚がいたのですが、
競馬の話になるとチンプンカンプン。それでもお構いなし
に内輪で話を続ける人達に辟易していました。
今は、そっちの仲間に入ってしまいますが^^;

最近寺山修二の競馬エッセイを読んでいるのですが、こんなことが
書かれていました。
「ファンというのは馬券の名を借りて"自分を買う"のである」

オッズと馬番だけで競馬をする人も居ますが、馬に対して思い入れが
あると、今の自分だからこの馬を買うなんてこともあるのが競馬。
面白いですね。寺山のエッセイにはその極端な人達が出てくるので
(本人もそうですが^^;)
馬券を買う人達の悲喜交交が読んでいて楽しいです。
競馬をやっていない人には分からないかもしれませんが^^;

ナルトーン | URL | 2009年02月18日(Wed)12:39 [EDIT]


>ナルトーンさん
競馬好きの話は部外者からすると
迷惑このうえないですからね(笑)
自分の身をふり返ってちょっと反省中です(^^;

人間ですから、何かと自己投影をして
「意味」を求めてしまう、というのは
真実だと思います(^^)
色んなことが鏡のように映りますよね♪
ハズレ馬券を眺めながら何度過去の自分に
説教したか・・・(爆)

けん♂ | URL | 2009年02月18日(Wed)18:14 [EDIT]


 

トラックバック