けいけん豊富な毎日

フェブラリーS(展開分析)  担【けん♂】

東京ダート1600mは向こう正面のポケットからのスタート。
スタート部分は芝になっていますので、滑ってしまう馬も出てきます。
芝で先行した経験のある馬は問題ないですがコース経験のない馬は
一応要注意と考えておいたほうが良さそうです。

芝部分を走る距離が外枠の方が長い、というのは大きなポイント。
滑ることがなければ通常芝を走る方がスピードが出やすいので
外から被せられやすく、内枠の馬は相当な先行力がない限り
かなり苦しい展開になりやすいようです。

なだらかに下っていくので最初の3ハロンは相当ペースが速くなりがち。
3ハロン目に少し上り坂がありますがスタートの勢いで上ってしまうので
ここはほとんど問題はありません。

前半のペースが速くなりやすいのは東京ダート1600mの特徴。
地方のダートや京都競馬場でゆったりと先行してきた馬には
非常に厳しい流れとなります。

前半のペースが速い、ということで通常よりもスタミナ寄りのレースになると考えられ、
距離適性的にはマイル以上のレースをこなしている馬が優位。
スプリント路線からの参戦はかなり厳しいと考えた方が良さそうです。

最初のカーブは下りながら・・・ここでもほとんど減速せずに
行くことが多いようですが、先行馬の力量によってはグッとペースが
落ちることもありえます。

直線に入ると約300mのダラダラした上り坂、高低差2m超を上りきると
最後に平坦な直線が200mとなっています。

4コーナー位置取りと着順の関係
DEB位置

過去の東京ダート1600mの走破タイムの速い方から20レースを
取って集計しています。

勝ち馬に関しては少し先行有利の傾向が出ていますが、
どの位置からもそれなりに上位に食い込んできていて
はっきりした傾向が出ていません

これは競馬場の構造がレースの結果にあまり影響を与えていないことを
意味していると考えられ、結果を左右するのは・・・
単純な力関係」になってきそうですね。
つまり、強い馬が勝つレース
非常に紛れが起こりにくい、ということで各馬の能力を把握すること
最も重要だと考えられます(当たり前?^^;)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック