けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(有力馬能力評価)  担【けん♂】

一昨年の京都牝馬S(京都1600m)を前後半のペースに分けて見てみると

07京都牝馬S (46.746.3)1.33.0

前後半ともかなりペースが速く、結果的に前が少し崩れ気味になり
ディアデラノビアが後方から差して圧勝。
2着には好位で頑張ったウイングレットが入りましたが
このペースで残り切る力があっただけに続く中山牝馬Sでも2着に好走しました。

全体的にレベルが高い内容、と評価していいと思います。

昨年は重馬場でレースが行われたわけですが・・・

08京都牝馬S (48.547.5)1.36.0

暴走系の逃げ馬のシェルズレイがよもやのスローペースで先行(爆)
能力的に不足感があったザレマもこのペースなら楽に2番手を
追走できました(^^;
後半になって多少ペースが上がったものの、内容は非常に低調。
重馬場の影響もありますがザレマはこのペースで最後に脚が止まっており、
2着に粘ったとはいえ、先に繋がるようなレースではありませんでした。

今年は出走メンバーの格の上ではかなり低調。
はっきりした逃げ馬がいないので、昨年2番手で行ったザレマが先行しそうです。

ターコイズS (47.6⇔47.1)1.34.7 ※中山1600m

前走でザレマが逃げ切ったレース。
コース形態の違いがあるので単純比較はできませんが
昨年よりは成長が見られる内容だと言って良さそうです。
例年の京都牝馬Sの内容にはまるで及びませんが、後半にペースアップして
上がり3ハロンは34.8とそれなりに末脚を残してゴールイン。
京都ならばこの内容以上のレースが期待出来そうです。

このレースで2着に入ったカレイジャスミンも同様に評価出来そうですが
前走で太目になってしまっているので今回は絞れたら・・という条件つき
輸送や乗り代わりもあるので逆転までは難しいかもしれませんね。

ターコイズSの内容を目安に考えると他の馬が好走出来るかどうかが
見えてきそうです。

新春S (47.147.1)1.34.2

スペルバインドは出遅れ気味に後方を追走しているので
実質的には前半はもう少し遅いペース。
後半はこのペースで差し込んできていますので、比較すれば
十分に対応可能なレベルにいると推測出来そうです。
後方からでは不安定なので、今度はもう少し前で競馬をしてもらいたいですが・・。

ゴールデンHT (46.747.9)1.34.6 ※阪神1600m

前半がそれなりに速かったゴールデンHTを好位で追走して
残り切ったクラウンプリンセスはそれなりに評価出来そうです。
このレースは後半に少し脚が止まってしまっていますが、
前半が緩めばもっと楽に行けそう過信は禁物ですが対応は可能かと。

読売MC (47.2⇔46.4)1.33.6 ※阪神1600m

ニシノマナムスメスローの後傾ラップを得意にしている馬ですが
後方から行く場合は前が崩れる必要がある感じ。
牡馬の上位馬相手にも好レースが出来る能力がありますが
調子に大きく左右される面があり、現状でどこまでやれるかは微妙かも。
京都1800mで行われたカシオペアSの内容を見てみると
(48.8⇔46.9)というペースを好位で追走でして3着。
今回はここまで前半が緩むとは考えにくく、やはり後方からでしょうか・・・

北大路特別 (50.847.5) ※京都1800mを換算
500万下 (47.3⇔48.1) ※中京1800mを換算

地方から戻ってきたプリンセストロイは現在芝で5連勝中と勢いに乗っていますが
内容を確認してみると・・・かなり微妙な雰囲気。
1800mのレースを換算しているので比較はしにくいわけですが
前走の京都1800mは超絶的なスローペース。後半に少しペースを
上げていますが・・・上位馬のレースと比べると低調な内容です。
前で残ったこともそのまま評価は出来ません。
前々走の中京1800mは前半こそそれなりのペースでまとめていますが
後半にペースが上がっていきませんでした。
この展開で差し切られなかったのは・・・周りの馬が低レベルだったから
と考えられ、高い評価は出来ない感じです。
今回は前半のペースについて行けるかがまず問題で、
もし先行気味に行けたとしても後半に脚が残るかは・・・かなり不安
まだ底を見せていないかもしれませんが、過剰な期待はしにくいですね。
展開がハマればなんとか・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック