けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(有力馬抽出)  担【けん♂】

京都牝馬S(京都1600m)の考察に戻ります。

まだ出走馬が決まっていませんが、ざっと有力視出来そうな馬
ピックアップして整理しておきたいと思います。

不安点はあるがある程度期待出来そうな馬
・ザレマ(脚質優位、鞍上強化、能力不安)
・スペルバインド(鞍上強化、能力上位、脚質不安定)
・レインダンス(能力上位、鞍上不安、近走不調)
・クラウンプリンセス(展開優位、能力上位)

期待できる点があるが不安な面が大きい馬
・チェレブリタ(脚質不安、能力期待)
・ニシノマナムスメ(脚質不安、馬体出来不安、能力上位)
・プリンセストロイ(脚質優位、能力微妙)
・オディール(能力期待、脚質不安、休養明け微妙)
・エリモファイナル(脚質優位、能力微妙)

ハナを切りたい馬が見当たらないのでおそらくはザレマ
あっさりと先行しそう。
※キレを活かす競馬は合わないので先行することを陣営が示唆しています。

前半をスローでまとめて後傾ラップ。
ザレマ自身はそれほど高い内容のレースをしたことがないので
どこまで脚を維持出来るか・・・。
京都で先行馬に乗った場合はダイワスカーレットのように
後続を突き放す騎乗をしてきそうなので、後方からの馬は
相当厳しいことになりそうです。

スペルバインドは出遅れ癖が心配ですが、本来は自在性があり
好位からでも競馬が出来る馬。デムーロ騎手なら展開に合わせて
前に行ってくれると期待したいところです。

レインダンスは復調傾向。このところちぐはぐな競馬になっていますが
藤岡康騎手が前回と同じく好位につける騎乗をしてくれば
今回こそは展開がハマるかもしれません。

クラウンプリンセスは前半が速いペースが苦手なので
スローになるのは歓迎。決め脚が微妙ですが、これといって
穴がない馬なので好走が期待出来そうです。
京都マイルは藤岡佑騎手の十八番という点も好印象ですね。

好位で競馬が出来る、という点でエリモファイナル
プリンセストロイも好走してもおかしくない馬だと思います。
格不足、決め脚微妙と不安な面もありますが穴馬候補として
考えてみても良さそうかと。

今回は後方からの競馬をしたいというニシノマナムスメ
本当に後方からなら展開上危険な雰囲気。
馬体もまだ微妙なだけに果たして・・・?
チェレブリタも後方からだと・・・今回は不安がありそうです。
ここ2走は展開や条件がハマった感がありますので過大評価は危険かも。
オディールは休み明けで馬体に緩みが感じられるので
いきなりはどうでしょうか・・・?
後方からの脚質にシフトしてきていたのも不安点。
前で競馬をしてくれば怖い馬だと思いますが・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック