けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(展開分析)  担【けん♂】

京都牝馬Sが行われる京都1600m(外回り)については京都金杯、
シンザン記念のときに見てきていますが、改めて復習しておきたいと思います。

向こう正面のポケットからスタート、いきなり長い直線。
400m過ぎから上り坂になることもあって、その前に展開を握りたい
逃げ馬が揃うと先行争いが激化しやすい感じです。

ただし、確固たる逃げ馬がいない場合にはそれほどペースがあがりにくく、
極端に速いか遅いかという二極化になりやすい印象。

3コーナーからはカーブしながら下り坂、後半は11秒台のラップを
刻み続ける展開になるので後半にペースアップした場合は
後方から位置を上げていくのはかなり難しいかもしれませんね。

4コーナーは角度がそれほど厳しくなく、前が止まるようなら
馬群はグッと縮まっての追い出しになりますが、前が速いと隊列は
長いままで直線に突入
。展開はガラリと変わる印象です。

京都牝馬S:4コーナー位置取りと着順の関係
京都牝馬位置
前身の京都牝馬特別と合わせた過去20年分のデータです。

明らかに好位、先行馬が有利
中段、後方の馬はかなり苦戦気味・・・京都1600mで調べたデータと
ほぼ同様の傾向が出ています。

京都1600mは前傾ラップか後傾ラップかで大きく性格が異なる
ということを京都金杯のときに考察しましたが、京都牝馬Sの場合は
過去20年で前傾ラップになったのは3回しかなく、
極端に前半が速くなるのはかなり稀な感じ。
基本的に前半800mは48秒台のスローで流れることが多いようです。

今回のメンバーを見渡しても暴走系の逃げ馬は見当たらず・・・
というか積極的に逃げたい馬もそれほどいない感じなので(^^;
おそらくは前半はゆったりしたペースになってきそうですね。

先行しそうなザレマに安藤勝騎手が騎乗する見込みなので
後半は長い脚を問う展開を作ってきそう・・・
コーナーまでゆったりと流すようなことはしないのではないでしょうか。

直線入り口では隊列は長めになる見込み。
後方からの馬は基本的に×
ある程度前に行ける脚質の馬騎手の力量が重要になってきそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック