けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(各馬分析2)  担【けん♂】

京都牝馬S(京都1600m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

チェレブリタ】牝4 53.0kg(栗東)ブラックホーク×(アンバーシャダイ)
実質的には1000万下までしか勝っていませんが、前走では後方から
鋭く追い込んで重賞で惜しい2着。50kgと大きなハンデはあったものの
能力はある馬だと思います。ただ・・前走は前崩れの展開、その前は稍重で
馬場適性が活きたレース
、と注文がついてしまっているのが微妙。
額面通りの評価はしにくいですね。
後ろからの競馬になりやすい分、安定感に欠けるので
複勝圏に届くかどうか・・・先行馬の能力や展開次第かも。

テンイムホウ】牝7 54.0kg(美浦)ラムタラ×(ジャッジアンジェルーチ)
結果を出したのは1200mのレース。距離延長にも問題がありますし
重賞ではことごとく大敗しているだけに今更急変は考えにくいです。
それなりに末脚はありますが・・・さすがに厳しいですね。

トウカイルナ】牝7 55.0kg(栗東)エルコンドルパサー×(サンデーサイレンス)
好位で粘り脚が使える馬・・・決め手に不足しているので掲示板まで
というレースが非常に多い感じです。
後方からならそれなりに末脚が使えますが・・・展開と先行馬次第。
騎手の力量も大きく影響しそうです。

ニシノマナムスメ】牝5 54.0kg(栗東)アグネスタキオン×(Majestic Light)
好位からキレのある脚を使える馬ですが、前半が速いペースになったりすると
脚が止まりがち。その点では京都は脚質に合いそうです。
昨春は筋肉が落ちてしまい、体調的にも問題があったので
立て直しに時間がかかってしまいましたが秋になって少しマシに
なってきた感じ。馬体の出来にも注目したいところです。

ハチマンダイボサツ】牝5 54.0kg(栗東)マーベラスサンデー×(サクラユタカオー)
本来はある程度前で競馬が出来る馬ですが、前走はスローペースを
後方で追走してしまい、前を捕まえられませんでした。
脚色に限界があり、長く脚を使えない感じなので中山では好走がありますが
京都では・・・かなり凡走が多くなっています
余程京都が得意な騎手が乗っても・・掲示板があれば、という感じかも。

ハートオブクィーン】牝4 54.0kg(美浦)ジョリーズヘイロー×(Woodman)
スローペースになり、先行馬が極端に有利になった前々走で4着に
粘りましたが、普通のレースでは基本的に足りない感じ(涙)
前で競馬が出来ますが決め脚がないのが致命的ですね・・・。
結果を出したのが1200m(2歳戦)だけということから考えても
急な上昇は考えにくいかと。

プリンセストロイ】牝5 54.0kg(栗東)ダンスインザダーク×(フレンチグローリー)
道中が激しく緩んで、前日に行われた3歳未勝利戦よりも
時計が遅い低レベル
のレースを2番手で押し切り勝ち。
血統的には芝向きだと思いますし、前々走ではかなり速いペースを
前で頑張れている
だけに見限るのは危険かも。
年末に▲24kgと大きく馬体を落としていますが
そこから好走が続いているだけに、やっと絞れた・・という感じなのかも
しれませんね。

レインダンス】牝5 54.0kg(栗東)ダンスインザダーク×(Bob Back)
秋になって少し調子を取り戻してきた雰囲気があったのですが
エリザベス女王杯では前が有利なレースで後方待機(爆)、
逆に前が崩れた愛知杯では好位に取り付いて失速、と
かなりチグハグな競馬になってしまっています。
京都は得意なコースだけに騎手次第で上昇があるかもしれませんね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック