けいけん豊富な毎日

有馬記念回顧(完勝劇)  担【けん♂】

有馬記念のゴールシーンを観てヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

と喜んだ次の瞬間・・・ Σ(゚д゚;) ヌオォ!? となってしまいました(爆)

年末最後の大一番、有馬記念が良馬場の中山競馬場で行われました。

予想は→ココ

結果は・・・
1着◎ダイワスカーレット  2.31.5  上がり36.4
2着 アドマイヤモナーク   13/4馬身
3着 エアシェイディ

5着○スクリーンヒーロー
6着△アルナスライン
7着×カワカミプリンセス
12▲マツリダゴッホ

※全着順は→ココ

スタート良く飛び出して行ったダイワスカーレット
内枠のコスモバルク、フローテーションなどが行くかと思ったんですが
スピードの違いであっさりとハナを切る形になりました。

前の馬が競りかけて行かなかったこともあり、先頭に立った瞬間に
グッと手綱を引いて抑えにかかる安藤勝騎手。
ここからはいかに気持ちを落ち着かせて走らせるか、という勝負ですね。

ダイワスカーレットにくっついて上がって行くかと思われた
マツリダゴッホは蛯名騎手が手綱を抑えてなんと後方待機策

自身が目標にされてしまうことを非常に警戒していた蛯名騎手。
奇策に出ましたね・・・こう言ってはなんですが、
こういう大舞台でいつもどおりの騎乗が出来ない時点で
勝負あったという感じ(涙)

蛯名騎手は以前にも「脚をためたらもっと良くなる」という
マツリダゴッホにとってはおそらく的外れなコメントをしていた
わけですが、まさか今になってこんな乗り方をしてくるなんて・・・。

★前半1300m
08有馬記念
06.9-11.2-11.9-11.2-11.9-13.0-13.2

07有馬記念
06.9-11.2-11.2-12.1-12.4-13.4-13.2

07年に比べてペースが落ち着くのに少し時間がかかっていますが
一旦落ち着いたあとは13秒台にスッと落とす展開。
昨年ほど急激な落とし方はしていませんが、しっかりと落ち着いた
流れにしています。

★後半1200m
08有馬記念
12.4-11.5-11.9-12.0-11.7-12.7

07有馬記念
12.5-11.9-12.4-12.2-11.7-12.5

今年は残り1000mの地点からペースアップ開始。
後方の馬が上がって行く瞬間にペースを上げていく安藤勝騎手の
上手さが光った騎乗
だと思います。
昨年の二の舞にはならない・・・まぁこの辺りはおおよそ想定通りですね。

4コーナー映像
08有馬記念4コーナー

直線入り口で後続を突き放すダイワスカーレット
外を回してガーっと上がっていったマツリダゴッホに釣られて
後続の馬が横に広がって行く展開
前の余力のない馬は脱落して、ダイワスカーレットは余裕の一人旅

後方の馬は直線での単純な追い比べ・・・。
先に抜け出したエアシェイディ、スクリーンヒーローを
大外からアドマイヤモナークとドリームジャーニーが急襲!

これだけ横に広がってしまうと位置取りの差はほぼ関係なし。
(ダイワスカーレット以外は:爆)

年末の中山の荒れ馬場に対する適性がモノを言うことになりました。
日経新春杯でガタガタの馬場をスイスイと伸びていった
アドマイヤモナークはこういう馬場が非常に得意。
コーナーではほぼ最後方にいたわけですが、そこからの伸びは
抜群でしたね(^^)g

騎手データでは中山において「穴騎手」として出ていた川田騎手
ここでもまさかの大仕事をやってのけました。

優勝はダイワスカーレット
完全に力の違いを見せつけた完勝劇でした(^^)
2、3着の馬はもしもう一度レースをしたら着順が変わるかもしれませんが、
1着は何度やっても変わらない・・・そんな感じかも。

レース後のコメント
1着 13番ダイワスカーレット(安藤勝己騎手)
「返し馬の段階でも、天皇賞のときほどテンションが上がっていませんでした。
それで安心してレースに臨めたんです。
行く馬はいないだろうと思っていたので先頭に立ったのですが、
あまり遅いペースにはしたくありませんでした。
3コーナー過ぎから各馬が迫ってきたのですがまだ十分に反応がありましたからね。
終いは追ってからもうひと踏ん張りがある馬です。
正直、今日は力で押し切ったというレースでしたね」


2着 14番アドマイヤモナーク(川田将雅騎手)
「いい感じで外に出して、仕掛けながらの追走になった。
馬は本当によく頑張って走ってくれたよ。
ただ、着差以上に勝ち馬は強かったと感じました」


3着 6番エアシェイディ(後藤浩輝騎手)
「悔しい結果になってしまいました。
距離は大丈夫だし、スタートしてからもいい感じはあった。
レース前は不安もあったけどねぇ。結果が出せるようになったので、
今後は楽しみなんじゃないでしょうか」

(伊藤正徳調教師)
「今日も緊張感が強く、レース前におしっこが出ていないんです。
それでもしっかり力を出してくれました。
馬の具合が昨年の秋から確実に良くなって、進歩しています。
ですから大事なところで頑張れるようになってきたんですね。
まぁ、このクラスの戦いは精神力によるところが大きいんですが、
もう少し強くしたいですね。内容的には満足していますが、
来年はもう少し進化したエアシェイディをお見せしたいですね」


5着 8番スクリーンヒーロー(M.デムーロ騎手)
「馬は勝ちにいったが、勝った馬が強かった。坂を嫌ったことも敗因です」
(鹿戸雄一調教師)
「勝った馬は強いですね。今日は自分から動いて負かしに行って、
その結果の5着です。勝ち馬には完全に力負けですが、結果には悲観していません。
来年はもっと良くなるでしょうし、とりあえず一息入れます」


6着 7番アルナスライン(O.ペリエ騎手)
「みんながダイワスカーレットを意識していた。
最初『これが2500mのペース?』と思うぐらいに感じるペースでした。
前について行けなかったね。無理して行きたくなかったし、位置取りも難しかった。
あの位置からでは勝った馬には届かないよ」


8着 9番メイショウサムソン(武豊騎手)
「本当にキツい競馬だった。残念です。ピークの頃の魅力は薄れてしまったよ……」

9着 5番フローテーション(C.ルメール騎手)
「最初、かかる感じがあったが、4コーナーでは手応えがあった。
しかし最後の直線は力不足だったね。来年以降が楽しみだよ」


12着 10番マツリダゴッホ(蛯名正義騎手)
「コースの内を走らせたかったが、外に出る厳しい展開となってしまった。
あの位置に下げさせられてしまい、それを取り返す流れもありませんでした。
本当に申し訳ない……」

(国枝栄調教師)
「内に入れたかったんですが、内から弾かれて、入ることができませんでしたね。
まぁレースですから……。それで馬が怒ってしまって、力んで走ってしまいました。
最後も少ししか伸びていませんしね……。また、1年かけてやり直します」


今年の最後に強い馬がキッチリと締めくくってくれて
本当に満足です(^^)

個人的には海外路線はこの馬にとって良くない気がするのですが・・・
とにかく順調に調整してまた素晴らしいレースを見せてもらいたいものです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

強い…

2番手以降がこぞってばてる展開で逃げ切り勝ちって
本当に強いですね

今年は1勝しかGⅠを勝っていないし
ウオッカとの直接対決でも負けていますが
年度代表馬になるのではないでしょうか

たこすけ | URL | 2008年12月28日(Sun)18:44 [EDIT]


>たこすけさん
周りの騎手のコメントを見ても
完全に振り回されていたことがわかりますね(^^;

この展開であっさり逃げ切るというのは
数字以上に力の差がありそうです。

年度代表馬!
今年一番強い競馬をした馬、ということを
採点してくれればダイワスカーレットに
なるかも。ぜひ獲ってもらいたいものです(^^)

けん♂ | URL | 2008年12月28日(Sun)18:48 [EDIT]


本当に強いですね。
上がりが全てではないと思いますが、スカーレットより上がり3Fが速かったのは最後方にいた2頭だけでしたね。

私は文句無しで現役最強、というか登場してからここ2年で最強だと思います。
けちのつけようがありません。

抜群のスピードと緩急自在のレースセンス、豊富なスタミナ、屈強な根性…。

個人的には(反対されそうですが)フェブラリーでのレースを見てみたいです。
今のダート路線はタレントが豊富ですし、出たら大いに盛り上がると思うのですが…。

めずろ | URL | 2008年12月28日(Sun)19:20 [EDIT]


>めずろさん
競馬というシステム?の中で一番強い走り方をする
馬だと思います(^^)
ディープインパクトのような派手さはないものの
物理的にこの馬に勝つ方法が見つからない感じ。

ダート挑戦は昨年もテーマに上がっていましたね。
これだけの経歴ですから、難しいかもしれませんが
新たな姿を見てみたい気持ちもありますよね。

けん♂ | URL | 2008年12月28日(Sun)19:50 [EDIT]


やはり最強はダイワスカーレットでした!
プレミアム効果なのか単勝まさかの2.6倍(笑)
このオッズを見て単勝メイチ買いしましたが、安勝Jと同じく負ける気が全くしませんでしたね。
けん♂さんも何度かブログで仰ってますが今のこの馬を負かすには尋常ではない能力(というかほぼ不可能かもですよね)が必要なんでしょう。
自分も現役最強はまず間違いないと思います。
年度代表馬とらせてあげたい!!
そして来年は世界最強の道を邁進してください!

カノ | URL | 2008年12月28日(Sun)20:53 [EDIT]


>カノさん
強かったですね~(^^)
的中おめでとうございます。

前で競馬をして二の足を使う馬なので
後続はどうしようもないですよね。
あえて言えば暴走系の先行馬の対戦がないので
乱ペースに持ち込まれたときにどうなるか・・?
でしょうか。
今年は東京コースも克服してしまいましたので
ますます隙がなくなった感じ。
このまま引退という手もあると思うのですが
海外でのレースも見たいような心配なような・・・(^^;
とにかく無事に頑張っていってもらいたいですね。

けん♂ | URL | 2008年12月28日(Sun)23:23 [EDIT]


◎付けなくてごめんなさい(笑)

ついて行った馬を全滅させるとは予想外でした。強いのは認めてましたが・・・もう逆らいません
m(._.)m ペコリ

蛯名騎手のミラクル騎乗()もここででるとは・・・今日は完全に確変に入っていると勘違いしてました

ダイワスカーレットに勝つには・・・
①秋の天皇賞のようにラビット(?)を使ってアンカツにレースを作らせない

②タイムトライアルのつもりでレースをする

こんなのしか思いつきませんね
ドラえもんに頼んでサイレンススズカを蘇らせてもらうしかないかな(笑)

Mr.T | URL | 2008年12月28日(Sun)23:41 [EDIT]


こんにちわ。マツリダゴッホの騎乗について思うことがありましたのでコメントさせていただきますね。
あれは意図的な騎乗ではなく、スタートで内からはじかれて外からも馬が来て下がるしかない状況になったからああいう後方待機になってしまったのだと思いますよ。パトロールビデオを見ていただければ分かるかもしませんね。

hiro | URL | 2008年12月28日(Sun)23:47 [EDIT]


>Mr.Tさん
ちょっと衝撃の強さでしたね(^^;
期待以上のものを見れて本当に良かったです。

蛯名騎手、というかマツリダゴッホは
外にダイワスカーレットがいたのが逆に
あだになってしまったかも。
被せられてしまいましたね。

今の国内でG1に出てくる馬の中には
暴走ラビットがいなそうなので
その意味ではダイワスカーレットの天下は
続きそうです(^^)
サイレンススズカとの対戦!
是非見てみたいものです。
どんなレースになるんでしょうね~

けん♂ | URL | 2008年12月29日(Mon)00:47 [EDIT]


>hiroさん
ありがとうございます(^^)
パトロールビデオを見直してみました。

スタートで包まれて、そのあとにたしかに
少し接触しているように見えますね。
手綱を抑えたのは控えるためというよりは
外に膨らまないためだったのかもしれません。

ただあの位置から内に入れようと考えたのは
ちょっと無理っぽい感じだったかも(^^;
ダイワスカーレットにくっついて行けば
どうなったか・・・

レースは本当に生き物ですね。
巻き返しに期待したいものです(^^)

けん♂ | URL | 2008年12月29日(Mon)00:54 [EDIT]


1着ダスカ・マツリダ、3着エアシェイディ固定で買ってたのにモナークには手が届いてなかったジャージです。

教訓
流すなら総流し

ジャージ | URL | 2008年12月29日(Mon)16:17 [EDIT]


>ジャージさん
エアシェイディ!来ましたね~(爆)
展開の想定が甘かったと反省中です。

2頭が決まっていればあとは流す、というのが
こういうビッグレースを取る秘訣かも。
なかなかタイミングは合いませんが。。(涙)

けん♂ | URL | 2008年12月29日(Mon)22:19 [EDIT]


 

トラックバック