けいけん豊富な毎日

有馬記念(スクリーンヒーローについて)  担【けん♂】

本来、格が非常にモノを言うJCをGⅠ初挑戦でいきなり勝ち、
今回も大いに注目される新星スクリーンヒーロー

まだ底が見えない馬だけに評価が難しいわけですが、
有馬記念への適性、という観点で少し内容について見てみたいと思います。

JCのレース内容は・・・例年に比べると少し低調
道中がかなりスローペースになっており、スタミナを問うような
レースではありませんでした。
ただし、後半に急激にペースアップをしており、前の馬は長く使える
ワンペースの末脚を求められ、後方の馬は長くなった隊列を差し切る
強靭な差し脚を必要とされていたわけで、上位に入った馬は
能力的には評価されていいレース
だったと思います。

スクリーンヒーローは前過ぎず、後ろ過ぎず・・絶好の位置取り
前の馬の脚が鈍るのを追いかけ、後方から脚を伸ばすディープスカイを
封じ込んで見事に勝利をおさめました。

このレースの後半8ハロンのラップをグラフ化して他のレースと比較して
みたいと思います。

比較対象
・07有馬記念
・07エリザベス女王杯
・08大阪杯
・02有馬記念(参考)


ラップ推移グラフ】※縦軸の上に行くほどペースが速い
ラップ比較グラフ

07年の有馬記念02年の有馬記念を比較してみると
明らかに07年は後半にペースが上がっていないのがわかります。
先頭をチョウサンにお任せした結果、ダイワスカーレットらしくない展開に
なってしまっていますね(^^;

本来のダイワスカーレットの持ち味は残り4ハロンからのペースアップ
エリザベス女王杯、大阪杯ともに800mスパートをした上で
末脚が鈍らない
、という内容になっていることがわかります。
※競馬場の構造の影響もあります。

今年の有馬記念でもダイワスカーレットの安藤勝騎手が隙のない
競馬をしようと考えるのであれば、同様のレース展開を
作ってくると考えられます。

02年の有馬記念のタップダンスシチーは残り1400mくらいから
ペースアップして1000mダッシュという驚異的なロングスパート
かけていますが・・・そこまではしないかもしれませんね(^^;

この後半にペースアップしていく展開が・・・ピッタリJCとリンクしそうです。
07年のエリザベス女王杯今年のJCのラップの軌跡が
かなり重なり合っており、後傾ラップはスクリーンヒーローにとっても大歓迎
・・ということになるかもしれませんね。

JCの直線ではジワジワと伸びて最後の1ハロンでトップスピードに乗った
という感じでしたので、中山の場合にはデムーロ騎手がどのように
スクリーンヒーローをエスコートするのか・・・
ためて脚を爆発させるのではなく、流れの中で徐々に加速して行くタイプ
というのは中山には合うと考えられます。

簡単なまとめ
・ダイワスカーレットが作る後傾ラップはスクリーンヒーローに合いそう。
・前につけてスパートするよりも、中段から押し上げつつエンジンをかける
 必要がありそう(前からだとスピードに乗らないうちに終わるかも


ハマれば十分に対応可能、デムーロ騎手の手腕に注目したいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック