けいけん豊富な毎日

種牡馬データ(アドマイヤベガ)  担【けん♂】

残念ながらすでに亡くなっているために新しい産駒が出てくることはありませんが、
キストゥヘヴン、ブルーメンブラットなどの活躍馬を生み出した
アドマイヤベガについて産駒の傾向を見ておきたいと思います。

有馬記念にはアルナスラインが出走予定。
能力はあるものの、あと一歩のところが足りない・・・そんな感じの成績ですが
果たして適性の面ではどうなのでしょうか?

※07~08年の芝で出走した計1076レースからデータを抽出

競馬場別複勝圏率
アドマイヤベガ1

人気をしている(実力馬と目される)ときの信頼度が低い・・・要は
裏切りやすい傾向が出ています。安定感に欠けていますね。
最も得意としているのは圧倒的に京都競馬場
マイルCSでブルーメンブラットが勝ったのも納得です(^^)
下り坂で加速が出来て、平坦でそれなりに長い直線・・この辺りが
脚質に合うのかもしれません。

中山での成績は・・・悪くはありませんね。
信頼度は低いですが人気薄でもかなり頑張っている感じ。
実質的な複勝圏率は3番目に高い数字となっています。
ただし、北海道での成績が非常に悪いことから洋芝、重めの芝に対する
適性が低そうな印象
・・・年末の馬場が果たしてどうか?不安がありそうです。

距離別複勝圏率
アドマイヤベガ2

実質的には距離が伸びて成績が良くなる傾向。
とはいえ、キストゥヘヴンやアドマイヤフジなど距離延長で失速した経緯があり
母系によって適性が分かれてきそうです。
短距離はどちらかというと実績のある馬の信頼度がそれなりに高く、
穴を開けてくることはほとんどありませんが
長距離は逆に人気をしたところで裏切り(爆)人気薄で激走するという
はた迷惑な傾向が出ています(^^;

まとめ
・北海道では消し
・京都では信用できる
・基本的に平坦巧者。瞬発力を活かす競馬場が得意。
・人気を裏切りやすい馬なので京都以外で信用し過ぎるのは危険。
・距離は伸びた方が成績がアップするが馬の個性が優先。
・短距離は人気馬、長距離は人気薄を狙うのが良さそう。


有馬記念ではあまり人気を背負いそうにないアルナスライン
人気を落とした今回こそ狙い目?ただし重い馬場は合いそうにないので
馬場の良いコースを通ってもらいたいものです。
ペリエ騎手の手腕に期待でしょうか。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アルナスラインの松元厩舎ですが、
阪神JFのイナズマアマリリスを見る限り
木曜計量に鞍を付けている様子はなさそうです。

アルナスラインの+22kgは
額面どおりでよいのではないでしょうか?

まぁ、それでも今さら評価を下げられませんが・・・

┓( ̄Ⅲ ̄ )┏ | URL | 2008年12月26日(Fri)16:21 [EDIT]


>┓( ̄Ⅲ ̄ )┏さん
+22kgには驚きましたね(^^;
いくら輸送があるにしろ、やり過ぎかも?!

体調が下降線にあったところから戻しているので
楽をさせてしまったとしたら厳しいかも
しれません。条件的には好走ポイントが
揃っているんですが・・・

けん♂ | URL | 2008年12月26日(Fri)19:05 [EDIT]


 

トラックバック