けいけん豊富な毎日

マイルCS(展開分析2)  担【けん♂】

マイルCS(京都1600m)について考えてみたいと思います。

マイルCSの行われる京都1600m(外回り)は向こう正面のポケットからのスタート。
まずは400mほど平坦な直線が続きます。
先行争いを兼ねてここでペースは速くなりがちな傾向。
内外の枠順に大きな差はありませんが外に逃げ馬が入るとハナの奪い合いで
一層ペースが上がってしまうかも・・・。
2ハロン目は10秒台になることが多いようです。
3ハロン目からは上り坂、勢いに任せてグングン行ってしまうと
かなりの消耗になり、後半が厳しくなります。
約4mの高低差がありますので、坂を上りきる辺りではかなりペースが落ちやすいですね。

ここからは一気に下り坂。
それまでのペースの作り方にもよりますが、一気に加速してしまうと
最後まで息を入れられないペースになってしまうので
スタミナに自信がない馬は少しブレーキを踏みつつ坂の途中まで
下ってくることがあるようです。

下り終わるとカーブしながら最後の直線へ。
直線は平坦で約400m、内回りに比べて70mほど長いですが
阪神外回りよりは70m短く、先行、追い込み入り乱れての追い比べになりがち。
平坦なので先行して突き放しやすいコースではあるものの、
ちょっとでも脚が鈍ると後方からの差し馬が飛んでくる・・・
そんな微妙なコースと言えそうです。
4コーナーで縦長になるか、団子になるかも大きく影響しますね。

マイルCS:4コーナーの位置取りと着順の関係
マイルCS位置取り


マイルCSのデータとそれを除いた京都1600mのデータ(外回り、上位20走)
及び、京都1400m(外回り、上位20走)のデータを並べてみました。

1400mではある程度先行有利の傾向が出ていましたが、
200m延長しただけでスタミナへの影響があるのか、
結果はかなりバラついてきています。
コースの形状から想定されるとおり、各位置取りの馬が拮抗した感じで上位に進出。
この結果から見る限りでは、コーナーでの位置取りだけで有利不利が
出るわけではなく、そこまでの流れと能力で結果が決まってきそうです。

前回考察したマイネルレーニアが上手くスタミナを残して坂を下り切れれば、
4コーナーでは縦長の隊列。展開の面では先行有利になりそうかと。

先週の京都競馬場での芝外回りレースでの上位馬の位置取りを見てみると

上位馬の4コーナー位置取り
1着→2着→3着
 → → (番手)
 → → 7
 7→ 4→11
 4→ → 6
 → → 
 → 5→ 8

かなり前が止まらない傾向。
少なくと好位を追走できていないと話になっていません
コーナーで突き放してしまえば・・・そのまま決まってもおかしくないですね。
各馬の位置取りが重要になってきそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック