けいけん豊富な毎日

菊花賞(末脚能力分析)  担【けん♂】

菊花賞についてもう少し考えてみたいと思います。

オウケンブルースリはやはり偏った1番人気になっていますね(^^;
たしかにクラシック上位馬が例年に比べて極端に少ないレースに
なっていますから上がり馬に対する期待が高まるのもよくわかります。

ただ・・無敗で挑んだロックドゥカンブですら届かなかったわけで
実績馬との逆転というのは相当厳しいものだとは思いますね。
当初の予定どおり、別の馬から入っていきたいと考えています。

秋華賞のときと同じく、末脚の能力を脚質別に並べてみたいと思います。
今回は2000m以上のレースにおいて、最速~3番目のタイムの平均との
比較を元にざっと推定上がり3ハロンを計算してみました。
あくまで推定値なので正確な比較ではありませんが、
流れの中でどの程度の末脚を発揮してきたのか、という目安には
なると思われます。

菊花賞:脚質別推定上がり3ハロン
菊花賞末脚

ミッキーチアフルのデータは後半に緩めていた頃を含むので
現在の脚質で考えると微妙。ただ、展開次第では前で粘れる
能力があることはチェックしておきたいですね。

ノットアローンも侮れない脚。前走は前で止まってしまいましたが
叩いて良化があるなら期待出来そうです。

ロードアリエスは良化前のデータになってしまうので
今回はこれまでの数字以上の能力を期待したいところ。
上位との差は縮まっているか、超えているか・・・

スマイルジャックは思ったほどの能力を発揮出来ていませんね。
本質的には1800~2000m程度の方が合うのかもしれません。
ただし、ダービーの数字は前が相当厳しいものだっただけに
数字以上の能力を見ておいた方がいいのかも・・・。

好位、中段くらいからの馬はかなり能力が近い感じ・・。
あまり極端な差があるわけではなさそうです。
ほんのちょっとした仕掛けどころ、位置取りで結果が変わりそうですね。

ひとまず前に届いてもおかしくない馬はスマートギア、ダイシンプラン
・・ダイワワイルドボアがギリギリでしょうか。
前回ふれたとおり、0.1秒につき約0.5馬身差を縮められることを
考えると4コーナーで2~3馬身差程度にまで詰め寄っていないと
厳しいわけで騎手の判断は非常に重要になりそうです。

後方からの脚質になるオウケンブルースリ、ベンチャーナイン
この数字からすると物理的に届かない計算。
全体の流れをぶち壊すような破壊力のある末脚・・とまでは
いきそうもないですね。

うーん、それほどキレる脚がある馬がいないレース、と考えた方が
良さそうですね。前の馬重視・・・で考えたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック