けいけん豊富な毎日

菊花賞(血統的距離適性分析)  担【けん♂】

菊花賞の出走馬が発表になりました。
ヤマニンリュバンが抽選落ち(回避?)となり、先行予定の馬が
全て出てきたのでこれで展開を想定していきたいと思います。

その前にまずは血統的な距離適性について見てみます。

3000m経験のある馬は・・・当然おらず(笑)
どの馬も初体験、ということで手探りな面があると思われます。

もちろん個体差はありますし、母系の影響もあるので
その辺りも加味しなければいけませんが、ここでは父系の距離延長での
複勝圏率の変化について調べてみました。

血統別複勝圏率上昇度
菊花賞距離

本来は2600m以上の長距離のデータを見るべきなのかもしれませんが
どの血統にしてもレースメニューの関係もあり、出走回数が少なすぎて
データになりません(^^;

ということで2200m~2600mでの複勝圏率
芝レース全体の複勝圏率を比較して上昇があるかどうかを見ています。
実際、菊花賞の場合は途中のペースが落ちることもあり、
内容的には3000m級のスタミナがなくてもこなせてしまう
という面がありますのでおおよその傾向は掴めると考えられます。

恐ろしいほど距離延長がプラスになっているのは・・・
ジャングルポケット産駒ステイゴールド産駒
今回のオウケンブルースリ、シゲルフセルトはどちらも母系に問題があり
スタミナ面で不安視される部分がありますが、父系がこれだけプラスなら
あまり考えなくてもいいかもしれませんね(^^)g

微妙に数字がマイナスになっているブライアンズタイム
2600m以上の数字で大幅に上昇があります。
その意味では距離延長に不安はなさそうです。

エイシンサンディ、アグネスタキオン、タイキシャトル
少なくともプラス材料にはならないですが、低減としては微妙なので
母系次第ではこなせてもおかしくありません。
ただし、タイキシャトルはやはりマイル周辺にピークがきているので若干不安です。

ヤマニンセラフィムは・・・データ不足(笑)
こなした馬がいないので0%になっていますが出走回数が少な過ぎて
評価できません(>_<)

シンボリクリスエスは・・・2200mまでは大幅に上昇傾向ですが
それを超えると突然ガクッと数字が落ちています。
中距離専門?・・・傾向的にこなせてもおかしくない雰囲気ですが
これまでのデータでは怖い面があるようです。

距離延長が明らかにまずいのはクロフネ、アグネスデジタル
どちらも距離が短くなるほど複勝圏率が上昇する傾向。
こなせる産駒が出てもおかしくはないですが、期待はしにくいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんわー。
シゲルフセルトは三連勝中でしかも好位で競馬が出来る馬。
バクシンオーが母父というだけで切って捨てるのは怖いかもしれませんね。
しかもこの馬、追加登録料を払ってまで菊に参戦してくるそうじゃないですか。怖いなー。

てんとう | URL | 2008年10月24日(Fri)06:11 [EDIT]


>てんとうさん
追加登録料を払ってまで・・というのは
かなりの意欲ですよね。
父系は距離延長大歓迎ですし、母系も
元をたただせばそれなりに底力のある血統だと
思います。
体もそれなりに仕上げてきてますし・・・
あとは体重だけでしょうか?
悩ましさがつのります(^^;

けん♂ | URL | 2008年10月24日(Fri)06:33 [EDIT]


 

トラックバック