けいけん豊富な毎日

菊花賞(各馬分析3)  担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ここからは抽選予定(8/9頭)の馬。
レースの展開を左右すると考えられる先行馬もいますので
どの馬が出てくるかはかなり重要になりそうです。
間隔の狭い馬もおり、回避が出るようなら除外予定の馬にもチャンスがあるかも?
個人的には血統的にも興味深いアインラクス辺りに繰り上がって
もらいたいんですけどね(^^;

アグネススターチ】(栗東) バブルガムフェロー×(リヴリア)
プリンシパルSではコーナーで後方を大きく突き放していましたが
ベンチャーナインの末脚に屈して2着、前走では大逃げの状態から
追いつかれながらもさらに突き放す底力を見せて先行押し切り。
かなりのスタミナがある馬ですが、ポイントになるのは後半のラップ。
直線手前で一旦ペースをガクッと落として脚をためるのが赤木騎手の
騎乗パターンのようですね。長い脚を使うタイプではないので
他の先行馬との兼ね合いが重要になりそうです。

スマートギア】(栗東) マーベラスサンデー ×(パドスール)
後方もしくは好位からかなり鋭い末脚を使える能力馬ですが
今回の抽選メンバーに微妙に届かず連続2着・・・前走では▲12kg
完全に仕上がった感じでレコードに0.3秒差と好走しました。
馬体の回復具合も不安ですし、距離延長も微妙。
馬格がない馬だけに斤量負担も心配ですね。
鞍上の武豊騎手は長距離実績がダントツに高いだけに
騎手の力がどれだけプラスになるか・・。

ダイシンプラン】(栗東) タイキシャトル×(Dehere)
出てくるなら中1週になります。
中段からかなりキレのある末脚が使える馬。
脚質的に安定感には欠けますが能力はかなり高いものがありそうです。
決め手があるだけに京都外回りはかなり合いそう。
あとは血統的に距離の延長がどうか・・・。

ドットコム】(美浦) ブライアンズタイム×(ヘクタープロテクター)
決め手に不足しているのに後方からの競馬になっていましたが
前走では安藤騎手が上手く好位につける競馬で久々の勝利。
どちらかというとダートが合いそうな感じがありますが
元々ペリエ騎手が期待していた馬だけに復活があるのかどうか・・・。
波の激しい成績ですが上位馬に通用するほどのものはちょっと・・。

ナムラクレセント】(栗東) ヤマニンセラフィム×(サクラショウリ)
かなりの切れ味がある能力馬。マイナー血統のヤマニンセラフィム産駒ですが
菊花賞(抽選)に2頭登録というのは凄いですね(^^)
神戸新聞杯では後方で脚をためやすい展開となったこともあり
追い上げて6着。切れ味では同型の馬に少し及ばない分、仕掛けどころなどが
重要になってきそうです。

ホワイトピルグリム】(栗東) クロフネ×(エリシオ)
好位からそれなりの脚で伸びてくる馬ですが、古馬との対戦となった
朝日CCでは前で粘り切れず失速。まだ何枚か足りない印象です。
抽選予定の他の馬とは5分の争いをしていますが、春の実績馬を
超えるほどの成長があるかどうかは微妙かも。

ミッキーチアフル】(栗東) シンボリクリスエス×(Caerleon)
かなりスローペース寄りの逃げ馬、と考えていましたが
神戸新聞杯ではかなり後半に厳しいペースで引っ張って・・・失速。
僚馬のオウケンブルースリに有利な展開を作ったのかも?とも
考えてしまいましたが結局のところ、少々能力に不足感がありそうです。
出走してくれば展開に影響を与えそうなので脚質に注意ですね。

ヤマニンリュバン】(栗東) ヤマニンセラフィム×(ソヴィエトスター)
ダートの先行馬ですが、芝では少しスピード不足。
前走でも好位にはつけていきましたが最後はズルズルと下がってしまいました。
現状では能力不足・・・ダートの方が期待できそうです。

ロードアリエス】(栗東) シンボリクリスエス×(Unbridled)
休養明けに+22kgと大幅に増量。
厩舎側でもかなりの成長を見込んでいたようですが、前走では前が厳しいペースで
しっかりと脚を残して5着と能力を示してくれました。
結果的に実績馬に及ばなかったものの、先行勢の中で残ったのは
ディープスカイとこの馬だけ
なのでその点では高く評価できそうです。
叩いて良化があればさらに上昇も・・・楽しみですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック