けいけん豊富な毎日

インターナショナルS(欧州トップ確定?!)  担【けん♂】

英・ニューマーケット競馬場で行われた英インターナショナルS(2000m)は、
J.ムルタ騎手騎乗の1番人気デュークオブマーマレード Duke of Marmalade
(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)が、フェニックスタワー Phoenix Towerに
3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分01秒53(良)。
さらに21/2馬身差の3着に2番人気ニューアプローチ New Approachが入った。

勝ったデュークオブマーマレードは、父デインヒル、母Love Me True(その父Kingmambo)
という血統の愛国産馬。昨年は英2000ギニー(英GⅠ)4着、
セントジェイムズパレスS(英GⅠ)2着、愛チャンピオンS(愛GⅠ)2着など
GⅠ戦線で惜敗が続いたが、今年初戦のガネー賞(仏GⅠ)でGⅠ初制覇。
続くタタソールズゴールドC(愛GⅠ)、プリンスオブウェールズS(英GⅠ)、
キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英GⅠ)も制しGⅠ4連勝でここに臨んでいた。
通算成績14戦6勝(重賞5勝)。(netkeiba.com)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雨天のため延期、開催競馬場変更ということになってしまったインターナショナルS
GⅠ連勝を重ねて欧州No1ホースの地位に昇り詰めようとしている
デュークオブマーマレードと英ダービー馬ニューアプローチの激突として
大いに注目を集めました。

昨年はまったく同じ図式で英ダービー馬オーソライズド
ディラントーマスを破って古馬GⅠを制覇!
(ちなみにこのときはデュークオブマーマレードは4着でした^^;)

今年はどうなるかと思っていたのですが・・・古馬の壁は厚かったですね。

開催地変更で急遽選ばれたニューマーケット競馬場
2000m以上のレースでは緩いカーブが一箇所だけという特殊な構造。

ニューマーケット競馬場コース図
ニューマーケット

見たとおりほとんど一直線です(^^;
カーブがない(少ない)ということで単純な走力(速力)を競い合える
レース
になっていて、力のない馬は太刀打ちできませんね(^^;

レースは一団となって進む集団の中からまず馬場中央を突いて
パイプドリーマー(エクリプスS3着、プリンスオブウェールズ3着)が
グイッと抜け出し、フェニックスタワー(同2着、同2着)が追いかける展開。

2頭の外側からニューアプローチが追いかけ、デュークオブマーマレード
内側でなかなかエンジンがかからない感じ・・・。

フェニックスタワーがパイプドリーマーを突き放し、抜け出した・・・!
と思った瞬間、デュークオブマーマレードが急追を開始!
一気に並びかけるとあっさりとかわして先頭に立ってゴールイン!
うーん、強い!明らかにトップスピードが違いますね(^^)g

ニューアプローチも遅れてエンジンが掛かりましたが
時既に遅し、3着に飛び込むのが精一杯でした。
休み明けということもありましたが・・・ちょっと力の差を感じてしまいました。
この対決は愛チャンピオンS(9/6)で再度実現の見込みらしいので
そこで改めて見直したいですね。

インターナショナルS:結果
1着 デュークオブマーマレード  2.01.5
2着 フェニックスタワー      3/4馬身
3着 ニューアプローチ


これで欧州のトップはほぼデュークオブマーマレードで確定(^^)
あとライバルになりそうなのはフランスの新女帝候補ザルカヴァくらいでしょうか。

デュークオブマーマレードの今後は凱旋門賞と英チャンピオンSの両天秤とのこと。
出来れば凱旋門賞でメイショウサムソンとの対決が観たいですね♪

レース映像は→ココ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは♪ご無沙汰しておりました。
ようやく修羅場を抜けて復帰体勢を整えているチョルモンです。

ヨーロッパのこの時期の中長距離路線は
エルコンドルパサーやディープのことがあるので
古馬より3歳馬のほうが強いイメージがあるのですが、
今年は古馬が意地を見せましたか。
春先から3歳戦は戦国模様でしたし、
ヨーロッパも今年のクラシック世代は
例年と比べると不作だったのかもしれませんね。
この一戦だけで勝負がついたと断ずるのは早計かもしれませんが、
このレースを見る限りでは次での逆転は厳しいかな、と。

それにしてもデュークオブマーマレードは強いですねえ。
昨年のこの時期王者だったディラントーマスは下降線でしたが、
そういう意味でこの馬は勢いもありますから手強そうですねえ。
でも何で凱旋門に確定しないんでしょうね?
2400は長い…ってことはありませんよねえ…。
関係者しか知りえない事情があるのでしょうか?

チョルモン | URL | 2008年08月30日(Sat)08:40 [EDIT]


>チョルモンさん
復帰をお待ちしておりました(^^)
おめでとうございます♪

今年の3歳クラシックは向こうも混戦模様でしたね。
ニューアプローチは根性ある馬ですが
古馬の壁が厚かったです。
あえて英チャンピオンSを選ぼうとする理由は
不明です。やっぱり距離?うーん、是非凱旋門賞で
観たいんですが・・・

けん♂ | URL | 2008年08月30日(Sat)10:44 [EDIT]


 

トラックバック