けいけん豊富な毎日

新潟記念(展開分析)  担【けん♂】

新潟記念が行われる新潟2000mは向こう正面のポケットからスタート。

カーブ手前に軽い上り坂はあるものの、スタート直後から約1000mの
真っ直ぐな直線
が続くため、前半1000mはかなり速いペースになりがちです。
行く馬がいれば57秒台・・・58秒台のレースもかなりの頻度で出ており、
59秒後半から60秒を超えてくることは逆に稀な感じ。
今回ハナを切りそうなコスモプラチナの前走の1000m通過は58.1
重賞という事で慎重になるか、それとも思い切って行くか・・・
いずれにしろ緩いペースにはなりそうもありません。

カーブは下りながらになる上に角度が急。
速いペースで突っ込んで行ってもここは減速しないと曲がりきれません。

先行気味に行く馬は内外の枠に関係なく、前に行ってしまえば
内側を通ることになりますが、差し馬に関しては内側に閉じこめられると
まくって上がって行きにくい上に、開催が進んで内外の馬場差が出てくる
今の時期に思い切って外に出して行き難い感じです。
逆に外枠に入った方がカーブでの減速も少なくて済みますし
スムーズに直線入り口で大きく外に出して追い出しが出来そうです。

芝の状態にもよりますが、後方の馬が外に開くロスがあるために
先行馬が止まらない展開になると・・・先行馬同士で決着がしやすくなります。

ただし、芝状態に大きく差が出てくるようになると大外に出した馬の
末脚の爆発力次第で大外一気・・も炸裂しやすいわけで
非常に展開は難解です。

基本的には・・・

末脚に伸びがある先行馬>後方から爆発力を発揮する差し馬>粘り込む脚質の先行馬

こんな感じの図式になるのではないでしょうか。
展開、ペース、位置取り、騎手の思惑、仕掛けどころ・・ちょっとした
要素で着順が変わってきそうな感じがします。

4コーナー位置取りと着順の関係
新潟2000位置

基本的には前有利の実績となっていますが、中段後方からの差し馬も有力です。
ただしコーナーの時点で完全に後方にいるようではほとんど差し切れていませんね。
2着はかなり前が有利です。先行する有力馬は少なくとも連下で押さえておく
必要がありそうですね。
3着になるとかなり後方からの差しも届いています
立ち遅れた馬が凄い脚で飛び込んで・・・3着まで・・ということが
よく起こっているようですね(^^;

先週の新潟芝レース(外回り)では午前中に雨が降っていたにも関わらず
最速で33.0という時計が出ています。
今週はこのまま天気がもつようなら先行馬で34秒台、差し馬は33秒台
もしくは展開によっては32秒後半の時計が出てくるかも・・・。

新潟競馬場では上がり3ハロンが0.1秒違うと約0.8馬身差が縮まる計算。
先行馬の末脚が34.5秒とすると・・・差し馬は33.5の脚で
約8馬身差を詰めることが出来ます。
末脚に伸びがない粘り込むタイプの先行馬は厳しそうですね。
現在の芝状態なら34秒台前半程度の脚を使わないと
前で残るのは難しいかもしれません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック