けいけん豊富な毎日

広島に北朝鮮の工作機関が・・   担【けん♂】

【社説】自滅の道を歩む全教組

 全国教職員労働組合(全教組)の釜山支部が昨年10月に教師教材用として作成した「統一学校資料集」のかなりの部分が北朝鮮歴史書籍現代朝鮮歴史』からの抜粋であることが分かった。

 金日成(キム・イルソン)の抗日闘争を美化して韓国戦争(朝鮮戦争)を祖国解放戦争と描写し、金正日(キム・ジョンイル)の「先軍政治」を称賛する、一種の「親北学習書」だ。

 中をのぞくと「朝鮮同胞が最も崇慕し待ちこがれた英雄・金日成将軍がそのりりしい勇姿を現した」「北朝鮮人民は人類歴史上初めて税金制度から解放された幸せな人民」などという噴飯ものの表現であふれている。

 これを作った全教組釜山支部は昨年11月にも、APEC(アジア太平洋経済協力会議)の直前に各国首脳をおとしめる内容を含む映像資料を製作し、授業の資料に使うとして物議を醸していた。

 全教組はまた、委員長をはじめとする本部幹部らがソウルの政府中央庁舎の前で50日近く「成果給与の格差拡大撤回」を要求し、座り込みを続けている。

 2001年から始まった教師成果給制度では、評価の高い教師と低い教師の支給額の差が1年で6万3000ウォン(約7600円)にとどまり、ほぼ名ばかりの制度だった。

 教育部が今年、その差額を18万3000ウォンに拡大するとしたところ、全教組は赤い布を巻いて道端に座り込み、がなりたて始めた。前を行き過ぎる市民は一様に見苦しいとの反応だ。

 全教組は「成果給は教師たちの間に『非教育的な競争』を引き起こす『毒入りまんじゅう』だ。平等に扱ってほしい」とし、成果給を受け取った教師の返却署名まで集めている。

 1989年に全教組が誕生した時、多くの国民は軍事独裁に対する抵抗や学校民主化の動き、そして寸志を受け取らないというその方針に韓国教育の希望を感じたものだ。

 その全教組は今、世界中でその説得力を失った左派の理念を、教育の現場で生徒たちに強制的に植え付け、教壇を全教組・非全教組間の殺伐とした争いの場に変え、教師評価・成果給・初等英語教育・水準別教育・放課後学校など自身に不利なことは何一つ受け入れようとしない醜い既得権勢力に転落した。

 全教組は自ら「先生」であることを放棄したペテン教師、教師を装ったチンピラの集団だ。北朝鮮の宣伝資料を抜粋して学習し、それをありがたがって信奉する奇怪な姿は、過去のさまざまな運動の急進派が見せた末期症状と全く同じだ。

 今や韓国民は決断すべき時だ。自分の子どもだけ全教組の魔手を逃れればよいといった消極的な姿勢ではなく、大韓民国の将来と韓国民、そしてわれわれの子どもたちの明日のために、全教組に正面から対抗しよう。(朝鮮日報)



全教組(全国教職員労働組合)は韓国の団体にも関わらず
北朝鮮、金政権を賛美し、子供たちにそういう思想を
植えつけようとしているという記事。
これってつまり北朝鮮の工作機関みたいなものってことですよね。
これだけ国際的に問題になり北朝鮮が孤立していく中、
韓国の子供たちにこんな教育が行われているとしたら
大問題です。

でもって全教組をウィキペディアで検索してみると・・

1987年の民主化宣言直後に結成され、「真の教育」を標榜するが、その内実は左翼ナショナリズムである。そのためか、漢字復活には反対しており、「漢字教育は児童・生徒の負担を増やすだけ」と漢字不要論を取っている。

最近、新社会党支持を鮮明にしている広島県教職員組合との共同作業で、「両国が合意出来る歴史教科書作り」に取り組んでいる。


※全文は→ココ

ん?なんですかこれ?
広島県教職員組合って日本の組合ですよね?

つまり
『日本(広島)の教職員の組合が北朝鮮の工作機関と共同で
両国(北朝鮮と日本)が合意出来る歴史教科書を作っている』

ってことになるわけですが・・
北朝鮮の現在の政治体制を賛美しているような団体と共同で
作り上げる歴史教科書ってそんなもの作ってどうすんの!?

広島県!何を考えているのかと問いたい、問い詰めたい・・小一時間・・

ちなみに「広島県教職員組合」のHPは→ココ

内容はご覧になればわかりますが、人権、平和にかこつけた
政治団体ですね、これ。

・ジェンダーフリー(性差の是正)に基づき、小学校では
 男女混合名簿にせよ!全員「さん」付けで呼ぶようにせよ!
※男子を「くん」女子を「さん」付けで呼ぶようにさせた
 教育長は発言を撤回せよ!不当な介入をやめろ!

・君が代、国旗掲揚を強制するな!

・小泉首相は靖国神社参拝を中止し謝罪せよ!

・侵略戦争を美化する教科書を作らせるな!

もう正直あきれます。こんな連中に教育現場を牛耳られている
というなら広島県!やばいですよ~(-_-;)

はっきりわかる点がひとつあります。
この団体と北朝鮮の利害が一致している、ということ。

北朝鮮と合意出来る歴史認識を作るために
こういった行動がとられている・・・その行動の意味するところは
推して量るべし、といったところでしょう。
日本国内での工作活動をさせないよう教育現場にも
注意をしていかねばなりませんね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック