けいけん豊富な毎日

新潟記念(各馬分析2) 担【けん♂】

新潟記念(新潟2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ダイシングロウ】牡4(栗東) ダンスインザダーク×(ジェイドロバリー)
データを見ただけでは博多S→小倉記念で▲6kgということしか
わかりませんが、実際には小倉→栗東→小倉という短期間での往復があった上に
+12kg→▲18kgと激しく増減を繰り返しており、体調面では
かなり問題があった状態
で2着に粘ったのは非常に高い能力のある証拠。
順調であればもっと大きなところを狙える馬だと思われます。
前半から速いペースで行く馬ではありませんが自分のペースを守れば
相当厳しい流れでも脚を残せる能力馬。騎手の判断ミスがなければ
ここでも十分に上位争いになりそうです。

タマモサポート】牡5(栗東) タマモクロス×(ジョリーズヘイロー)
関屋記念では過去最遅のペースで先行して粘って3着。
昨年は同条件の1600万下を逃げ勝っているように、力を発揮できたレースでは
重賞級
の能力を見せますが・・・あっさりと負けてしまうこともあるのが
怖いところ(^^;ある程度先行有利な展開になれば期待出来そうですが
暴走ペースで前崩れになるようなら切れる脚がないだけに厳しいかもしれません。

チョウサン】牡6(美浦) ダンスインザダーク×(サッカーボーイ)
暴走ペースで前崩れになった毎日王冠で後方から差し切ってレコード勝ち。
今回も後方で知らん顔が出来れば末脚の爆発力なら突っ込んできても
おかしくありません。展開に恵まれないと難しい面がありそうですが
脚質的には合いそうなので復活に期待。

トウショウヴォイス】牡6(美浦) ラストタイクーン×(キンググローリアス)
前回は考察どおり、良い脚は使うが届かず・・という競馬で4着。
ゲートが悪く、後方からになりやすいので展開がハマらないと
厳しい馬ですが、上手く届けば複勝圏まで・・・。

トウショウシロッコ】牡5(美浦) アドマイヤベガ×(ニッポーテイオー)
やはり函館の芝は合わないようです。切れる脚がないのである程度
前から行くことになりますが決め手不足で上位馬相手に勝ち切るのは
難しい感じ。長期休養明けからの復帰以降はまだピリッとしてきていないので
いきなりの復活も期待しにくいですね。

バトルバニヤン】牡4(栗東) ジャングルポケット×(Crafty Prospector)
先行気味に行けたときにはかなりの能力を発揮する馬ですが、
2000mでは1000万下までしか好走がなく、距離の面で不安があるようです。
とんでもない上がり勝負にならなければそれなりの伸び脚があるので
状態次第で上位に食い込めるかも。ジャングルポケット産駒の特性については
今週中に調査してみたいとい思います。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック