けいけん豊富な毎日

札幌記念回顧(短距離の逃げ馬が・・)  担【けん♂】

秋のGⅠ戦線を睨んだ大事な一戦、札幌記念が行われました。

香港帰りの復帰戦となるマツリダゴッホ、ひと夏を越えて成長が楽しみな
マイネルチャールズ、夏の活躍馬フィールドベアー、マンハッタンスカイなど
上位はかなり揃った印象、果たして激戦を制したのは・・・

予想は→ココ

結果は・・・
1着 タスカータソルテ  1.58.6 上がり34.3 レコード
2着▲マツリダゴッホ    クビ
3着◎フィールドベアー

5着×メイショウレガーロ
6着△マイネルチャールズ
8着○マンハッタンスカイ

※全着順は→ココ

スタート良く飛び出して行ったのはコンゴウリキシオー
メイショウレガーロ、マンハッタンスカイも寄せて上がって行きますが、
結局3馬身以上のリードを保ってグイグイと引っ張る展開になりました。

12.3-10.9-11.5-11.7-12.0-12.2-12.2-12.4-11.6-11.8
前半1000m 58.4
後半1000m 60.2

過去に例がないほどのハイペース
このところマイル以下の距離で使われることが多かっただけに
体内時計的にもガーッと行くペースが染み付いてしまっていたのかも。

本来はかなり速いペースでも対応できるマンハッタンスカイですが
木曜馬体重では前走から+2kgだったのに、当日には▲20kg\(◎o◎)/!
木曜から考えると▲22kgと突然大きな消耗があったことが判明。
絞り込んだわけではないのでこういう馬体減では好走は期待出来ません。
使い詰めで来ていますのでここらで一旦休養が必要だと思われます。

3コーナー辺りですでにコンゴウリキシオーは脚が上がってしまい
後続が一気に詰め寄っていきます。
一気に捲り上げて先頭に立ったのはマツリダゴッホ
こういうハイペースの消耗戦で早めに先頭に立つのはこの馬のスタイル。
蛯名騎手は「もっと脚をためたら・・」などと昔は言っていましたが(爆)
さすがにこの馬の特徴を良く掴んできているようです。

完全にマツリダゴッホの勝ちパターンにハマった・・・と
思ったそのとき、馬場の外側を凄い勢いで詰め寄ってくる馬が1頭!
なんとタスカータソルテが素晴らしい手応えで前をとらえると
そのまま差し切ってゴールイン!

平坦巧者ではありますが加速に時間がかかるタイプ、として
今回は見切ってしまっていましたが、ハイペースの前崩れの展開になり
中段からなし崩しに流れに乗って加速出来たのが幸いした感じです。

今回のポイントとして札幌競馬場のコーナーの緩さ、ということについて
考察が間に合いませんでした。
3コーナーから勝負となる競馬場であるだけでなく、函館などに比べて
コーナーが緩く加速がしやすいコースであることは間違いなく、
今回のタスカータソルテはその注文にハマるタイプだったと・・。

展開がハマった感が強いですが、まるで中京記念のようなレースだったような
気がしました(^^;

レース後のコメント
1着 タスカータソルテ(横山典騎手)
「前回は明らかに急仕上げ。ひと叩きして明らかに馬も変わっていたね。
今回は結果はいいから勝負してこいと言われていたし、自分のイメージ通りに
馬も弾けたね。時計は別にしてもマツリダゴッホ相手にこの競馬が出来たから
胸を張っていいと思うよ」


2着 マツリダゴッホ(蛯名騎手)
「レース序盤から折り合いもついたし、いいレースだったと思うよ。
この馬の勝ちパターンだった。ただ、体が戻っていないのか…、
正直500キロはあってもいいと思う。輸送、輸送で環境の変化もあって
かわいそうだったね。馬体が戻ってくれば大丈夫でしょう。
まったく走らなかった訳ではないしね」


3着 フィールドベアー(秋山騎手)
「イメージ通りのレースも出来たし、力をつけているね。
今日に関しては上位2頭が強すぎたね」


4着 アドマイヤタイトル(安藤勝騎手)
「ゲートで出て行かなくてチグハグな競馬になってしまったけど、
4着まで来てるからね。能力あるよ。ビックリしたね」


6着 マイネルチャールズ(松岡騎手)
「返し馬も悪くなかったし、馬もよくなっているんだけど…。
マツリダゴッホと同じ位置で、4コーナーで上がって行く時に行く気がもうなかったね。
もう少し走れると思ったんだけど…」


マツリダゴッホはさすがGⅠ馬。これからも競馬場は選びそうですが
期待出来そうです。
フィールドベアーも重賞勝利は目前・・あとは夏場の消耗だけかと。
タスカータソルテ、アドマイヤタイトルはハイペースが功を奏しましたが
それでも展開次第では強さを発揮してきますね。今後も要注意かと。
ただしアドマイヤタイトルは出遅れ癖に注意
前で粘ったメイショウレガーロもメンバー次第でもう少しやれそうです。

マンハッタンスカイは休養が必要ですね。体が戻れば大いに期待。
マイネルチャールズは・・・思ったよりも伸び脚がなかったですが
松岡騎手のコメントからすると休み明けでボーっとしていた
ところもあったのかも。このままで終わって欲しくない馬なので
次走の巻き返しに期待したいです。

コンゴウリキシオーはスプリンターズSに向かって欲しかった・・(>_<)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そんな単純なものでは…

あくまで個人的な見解なんですが、コンゴウリキシオーは決して二の脚が速いタイプではないんですよ。それに1200だったら他が速すぎてハナに立てないでしょうからレースの流れに乗れないまま終わってしまうでしょう。だから血統的には短距離向きでもコンゴウリキシオーが力を発揮できる舞台は『最初のコーナーまでに距離のある1400以上』のコースだと思っています。
大筋ではけん♂さんの考察は適切ではあったワケですが、コンゴウリキシオーにレースを壊されたと思われるのはちょっと違うのではないかと…。競り合ったのではなく単騎の逃げですから、◎を打った側からすればあの形で負けたのなら仕方ないワケで、他の騎手も深追いはしてませんからね。まあマツリダゴッホ1頭が相手と読み切った典ちゃんの殊勲ということなんでしょうね。

藤沢雄二 | URL | 2008年08月24日(Sun)18:34 [EDIT]


>藤沢雄二さん
どうもです(^^)
決してレースを壊されたと言っているわけでは
ないですよ(笑)
こういう展開もありえるなぁとは思っていましたし
これも競馬ですよね。
ただ現状2000mで脚がもつとは考えにくい
コンゴウリキシオーを藤田騎手なら押さえ込めるかな・・と
期待しただけに、あっさり逃がしたのは少々期待はずれ
でした。まぁこれも勝手な期待ですが(笑)

横山典騎手は見事なペース配分でしたね。
昨年のディアチャンスといい、ここぞというところで
勝負が出来る騎手だなぁと改めて感心しました。

けん♂ | URL | 2008年08月24日(Sun)19:24 [EDIT]


こんばんわ。

タスカータでしたぁ。中間調教がいいって話でしたからねぇ。
なんでおさえてないかなぁ~なんて反省です。

ちなみに マイチャ。
見せ場まったくありませんでした。
古馬の壁というより力不足かも。



・・・・ひょっとして
二代目中山専用機??

tosanoabarennbou | URL | 2008年08月24日(Sun)19:50 [EDIT]


まったく同感ですね~。


スローだったらタスカータなんて来なかった
でしょうし。

チャールズ向きの展開ではありませんでした。
というよりブライアンズタイムは使えば使うほど
良くなるという金満教科書を完全に忘れてました。
ここで買うべき馬ではなかったですね。

ネオ | URL | 2008年08月24日(Sun)21:11 [EDIT]


>tosanoabarennbouさん
まだこのレースで決めるのは早計ですが
マイネルチャールズ・・今後が心配です(>_<)
というか3歳世代が・・・

タスカータソルテは6番手扱いでした。
正確には5.5番目くらい?(爆)
マンハッタンスカイが馬体減だった時点で
繰上げだったなぁ・・と反省

けん♂ | URL | 2008年08月24日(Sun)22:43 [EDIT]


こんばんは♪
4着という結果に (*^▽^*) の よしお です。

出遅れ癖?
私がドライヤーで治してきますよ。

寝癖かよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

でも今回はまだ松博センセも馬の特徴を掴みかねている状態でのレースでしたから
次はさらに良くなると思います。
6歳とはいえ、15ヶ月間の休養を2回とってるってことは、
まだ4歳のようなものですからね。d(^o^)

よしお | URL | 2008年08月24日(Sun)22:44 [EDIT]


>ネオさん
マイネルチャールズも使われて変わって
くるでしょうか・・次走に注目ですね(^^)

それにしても藤田騎手はことごとく
私の思惑を裏切ってくれます・・(涙)

けん♂ | URL | 2008年08月24日(Sun)22:46 [EDIT]


>よしおさん
アドマイヤタイトルは次走が楽しみですね。
休んでなければすでに重賞を勝っていたかも?
現状では後方からの競馬になるので
競馬場を選びそうですが・・・その辺りは
近藤さんと要相談ってことで(^^;

けん♂ | URL | 2008年08月24日(Sun)22:57 [EDIT]


 

トラックバック