けいけん豊富な毎日

小倉記念有力馬分析2(考察③)    担【けん♂】

小倉記念出走予定馬のうち有力馬に絞って考察を
続けていきたいと思います。

前回(ココ)考察したコンゴウリキシオーに加え、
メイショウカイドウ(小倉の主、斤量との戦い)
サンレイジャスパー(3歳牝馬ながら斤量優位で)
ヴィータローザ(GⅠ級には敵わないが、相手関係でここなら)
サザンツイスター(連下まで、位置取り次第)
スウィフトカレント(能力ありそうだが半年の休み明け)
サイレントディール(個人的に期待^^;気まぐれだが一発の力あり)

上位に絡むとしたらこのくらいでしょうか。
下位がどんぐりなだけに3着くらいまでなら展開のアヤで
突っ込んでくる馬もあるかもしれませんが・・。

【メイショウカイドウ】
前走の七夕賞を休み明けにも関わらず59kgで快勝。
鞍上の武豊騎手も驚くほどの強さを見せました。
1800以上の芝の中距離レースでは
小倉→7-2-2-2
中山→0-0-0-1
福島→1-0-0-0
東京→0-1-0-2
京都→0-0-2-0
まさに小倉の主とでもいうべき好成績(^^)g
小倉で着外になったのは03年のことですから
ここ3年は3着以内をはずしていないという素晴らしい安定感です。
苦手としているのはマイル戦、そしてどうやら坂でしょうか。
平坦なコースのほうが力を発揮する模様です。
不安があるとすれば斤量ですね。59.5kgは未知の斤量、
昨年の小倉記念は58.5kgで1着、小倉大賞典では
59kgで3着・・・馬格の大きな馬(520kg程度)なので
そんなに斤量負けすることは考えられませんが
それでも負担増を加味すると確勝とは言いにくいです。

前走では馬場が悪く内ラチ沿いを走れなかった逃げ馬の
コンゴウリキシオーですが今回はいい状態の芝を逃げれそう
とのことで差が縮まるのか逆転されるのか・・微妙なラインです。
馬券的には2、3着固定での買い方が妙味っぽいかも(^^;

【サンレイジャスパー】
マーメイドSのときの考察は→ココ
前回も51kgの斤量で牝馬限定戦ながら2着に飛び込みました。
今年1月には壇ノ浦特別(小倉2000)で54kgで3着。
馬場にもよりますがこのときの時計が1.59.5ですから
51kgの今回はもう少し速いタイムが期待できそうです。
とはいえ小倉記念でのメイショウカイドウの勝ち時計は
昨年が1.58.0、一昨年は1.58.5と相当レベルアップしないと
厳しいかも。連下までか・・?
ハイペースにはある程度対応できますが出来れば
道中は脚をためたいタイプ。コンゴウリキシオーのペースに
ついていけるかは疑問符・・。

続きは次回・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック