けいけん豊富な毎日

小倉記念(各馬分析2)  担【けん♂】

小倉記念(小倉2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。
昨年の傾向からみると・・・
・先行有利
・体調重視
・極端に切れ味がある馬に注意


こんな感じでしょうか。
今年ももう少し突っ込んで傾向と対策を考えられたら、と思います(^^)

ダイショウジェット】牡5 53(栗東) クリプティックラスカル×(マグニテュード)
芝は初挑戦となります。ダートの1800m周辺で1000万下までは
順調にクリアしましたが今年に入って頭打ちになっている感じ。
芝転向でいきなり重賞で結果を出せるほどの能力は感じられません。
先行気味に行く馬ですが、前に行けるかどうかも微妙。

ダイシングロウ】牡4 56(栗東) ダンスインザダーク×(ジェイドロバリー)
2頭がぶっ飛ばしてハイペースになった前走、実質的なペースを握って
3番手からペースを緩めずそのまま圧勝。かなり高い内容のレースだったと
思われるので、今回も大いに期待出来そうです。この馬自身がペースを
握った場合は前半1000mを60秒程度
とそれほど速く行くわけではなく
どちらかというと途中を緩めない後傾ラップの逃げ馬だと考えられます。
展開的には一層先行有利の傾向が高まりそうですね。

ダブルティンパニー】牡6 53(栗東) サンデーサイレンス×(ウイニングチケット)
七夕賞では想定以上に緩い平均ペースだったにもかかわらず
前から徐々に失速して下がって行ってしまいました。
現状では締まったペースで脚を維持するのは難しく、最後の伸びにも欠けるので
上位進出はかなり難しそうです。

トウカイルナ】牝6 50(栗東) エルコンドルパサー ×(サンデーサイレンス)
馬格がない馬なので斤量が軽くなるのは良い材料になりそうです。
本来は好位で競馬をしたい馬ですが、近走では後方からの競馬になりがちで
それなりに伸びるものの、前に届くほどではありません。
小倉が得意な騎手なら・・という感じもありますが
前につけて上位馬を超えるような末脚を使えるかは微妙・・。

ドリームジャーニー】牡4 57(栗東) ステイゴールド×(メジロマックイーン)
極端に馬格がないので、馬ごみに入っていけずに基本的に最後方からの
競馬になります。斤量も57kgでは好走経験なし。大きく外を回すことになるので
全てを差し切るような競馬を期待するのは酷かもしれません。
前走で▲12kgと落とした馬体を戻すのは大前提、それでも・・厳しそうです。

ナリタプレリュード】牡6 53(栗東) フジキセキ ×(ミルジョージ)
8ヶ月ぶりとなった七夕賞では後方待機、そのまま・・という
何も出来ない競馬
になってしまいました。
基本的には後方から行く馬なので小倉での巻き返しは厳しそうですね。
芝のレースではこれまで内容面で不足があるのも・・キツイかと。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック