けいけん豊富な毎日

キングジョージS(欧州版天皇賞春?)  担【けん♂】

今年の凱旋門賞を占う大事な一戦、キングジョージ六世&クインエリザベスS
行われました。※以下キングジョージS

1.7倍と圧倒的な1番人気に推されたのはデュークオブマーマレード
ガネー賞、タタソールズGC、プリンスオブウェールズSと現在GⅠを
3連勝中
の実績馬です。
昨年このレースを制したディラントーマスと同じデインヒル産駒、
足跡も被っており・・・このままいくなら今年の凱旋門賞でも本命候補1番手
なるかもしれません。
デビューが1200mで昨年は1600~2000mを中心に使われており
2400mは今回が初めての挑戦・・・この距離をこなせるかどうかが
大きな鍵になりますね。
※デュークオブマーマレードの過去のレース映像などは→ココ

2番人気は5.0でユームザイン
昨年のこのレースでディラントーマスに4馬身離されたものの2着と
健闘しており、前走のサンクルー大賞典でソルジャーオブフォーチュン
破ってGⅠ初制覇!これまでも安定した成績を残している馬ですが
一皮剥けた感じがあります。

続いてルカルノが9.0倍で3番人気。
昨年に2800mのセントレジャーSを制しており、
復帰戦のサンクルー大賞典では6着とふるわなかったものの
巻き返しが期待されています。ただ・・・セントレジャーSは
それほど良い時計でもなかったので・・・。

レースを引っ張ったのはレッドロックキャニオン。
2に番手ルカルノがつけ、そのあとはつかず離れずに一団となって追走。
注目のデュークオブマーマレードは5番手辺りの内側を
ゆったりとした手応えで続いていました。

直線手前で外に出して追い出しを開始するデュークオブマーマレード。
その後ろに日本でもおなじみのペリエ騎手のペイパルブルが
ピッタリとついていきます。

ほとんど一団となって直線に突入!
集団の外側、馬場の中央辺りから内へ切れ込みながら
デュークオブマーマレードが凄い手応えで前へ!

少し遅れてペイパルブルがそれ以上の勢いで一気に並びかけて
2頭並んで激しい追い比べ!

気がつくと後方の馬は完全に置き去られてしまい、完全に2頭のマッチレース
クビを掴んで激しく大きく追うペリエ騎手の手綱に応えて
ペイパルブルが並んで・・・かわして・・・

その瞬間!デュークオブマーマレードがチラッとペイパルブルを見た・・
(気がしました^^;)
自分がかわされたことに気付いた途端、さらに加速し始める
デュークオブマーマレード\(◎o◎)/!
うーん、恐ろしいことにまだ余力を残していたようですね。

再び差し返して最後は半馬身差をつけて完勝!
2着にはペイパルブル・・・その後ろは9馬身差の開きがついており
ユームザインは3着とはいえ完敗でした。

キングジョージS結果
1着デュークオブマーマレード 2.27.9
2着ペイパルブル
3着ユームザイン


勝ち時計の2.27.9は歴代2位の好タイム
3着のユームザインとの着差を考えると現在の欧州戦線では
かなり抜けた存在になっていると考えられます。

2着と健闘したペイパルブルは昨年のJCでは7着とふるいませんでした。
重賞勝ちはあるもののGⅠでは初めて複勝圏に入ったことになります。
戦績をみると今回のように60kg以上の斤量を背負うレースだと
好結果を出している感じ(^^;外国馬の馬体重はわかりませんが
もしかしたら相当馬格のある馬なのかも?

60.5kgを背負っての圧勝・・・デュークオブマーマレード
凱旋門賞で日本馬の壁として立ちはだかるのはほぼ確定的ですね。
一旦かわされたところから差し返すというのは天皇賞春での
アドマイヤジュピタのよう・・・うーん、本番での激突が本当に楽しみです(^^)g

衝撃のレース映像は→ココ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

う~ん、これは凄いレースですね。
ゴール手前で交わされてそれを一気に差し返すとは驚きのパフォーマンス、
相当な底力を持った馬なんでしょうねえ。
でも本当にデュークオブマーマレイドはペイパルブルに交わされた時に
チラッと見たように見えますよね、相当な負けず嫌いなのかも(笑)
こういう確固たる主役の存在はあった方が負かし甲斐があっていいですね、
ジュピタ、サムソンとの力比べが今から楽しみです♪

temporalis | URL | 2008年07月27日(Sun)16:58 [EDIT]


レース映像ありがとうございます!
ペリエJ確実に「もらった!」と思ったでしょうね!
完全に一回前出てますし勢いもペイパルブルのほうが差した時点ではあるように見えますし。
それなのにデュークオブマーマレードがもう一回差し返すという恐ろしさ…
ハーツクライが出てたときのハリケーンランのようでした。
このまま順調にいかれるとサムソン、ジュピタにとっては大きすぎる脅威になりそうですね。レース的には見ごたえありそうで楽しみですが(汗)

カノ | URL | 2008年07月27日(Sun)17:59 [EDIT]


こんばんわ。
函館記念ですけど。
今日は仕事でレースを見れませんでした。。。
ピサノはどこへ?
今回 結構自信あったんだけどなぁ
がっくんちょでした!

tosanoabarennbou | URL | 2008年07月27日(Sun)21:38 [EDIT]


>temporalisさん
いやーゴール前の攻防には驚かされました。
並んだら抜かせない根性・・ということでは
メイショウサムソンも敵わないかもしれません(^^;

これで完全に欧州競馬の主役に躍り出たと
言っていいでしょうね。
日本馬が主役を食うレースが出来るか注目です♪

けん♂ | URL | 2008年07月27日(Sun)22:40 [EDIT]


>カノさん
今年はあまり大物がいない感じだったので
日本馬の凱旋門賞制覇は非常に現実味を帯びているなぁと
思っていたんですが、どうやらこの馬が
大きな壁となって立ちはだかってきそうです(^^)

ハリケーンランのときも凄かったですよね!
こういう痺れるレースを観るとワクワクしてきます(^^)g

けん♂ | URL | 2008年07月27日(Sun)22:43 [EDIT]


>tosanoabarennbouさん
ピサノパテックは前走同様、「伸びなかった」という
ホワイト騎手のコメント(涙)
少し緩いレースじゃないとやはり厳しいのかも
しれません(>_<)
もしかしたら疲れもあったかもしれませんね・・

けん♂ | URL | 2008年07月27日(Sun)22:45 [EDIT]


 

トラックバック