けいけん豊富な毎日

函館記念(タスカータソルテ、ブレーヴハートについて)  担【けん♂】

大阪は朝からとんでもない日差し(-_-;)
色白モチ肌の私からしたら日焼けしてしまいそうで困ります(ウソ)。

あっという間に土曜日になってしまいました。
函館記念についてそろそろまとめていかねばならないのですが、
もう少し出走各馬について見ておきたいと思います。

タスカータソルテ
函館を非常に得意にしている横山典騎手に乗り代わっている点が
気になる馬です。
過去の競馬場ごとの実績を見てみると
中京-0--1)
京都-0-0-1)
阪神(0-0-0-2)
東京(0-0-0-1)
中山(0-0-0-2)
札幌(0-0-0-1)

好走経験があるのは中京、京都のみ。
おそらくですがこの馬の好走パターンは
・直線が平坦な競馬場
・直線手前に下り坂があって加速が出来る競馬場


ではないかと考えられます。瞬発力がないためにジリジリと
助走する距離が必要な馬・・・だとすると直線自体は下り坂では
あるものの、カーブの途中まで上り坂で助走距離が取れない
函館競馬場は苦手なパターン
に当てはまりそうですね。

ブレーヴハート
デビュー時から期待されていた馬ですが、なかなか結果が出せずにいる馬・・・
前走の福島2000mでコースレコード勝ち、このまま勢いに
乗れるのかどうか・・。

前走を含めてこのところの好走レースの内容を見てみると
・福島2000m 1着
57.6⇔60.5)
・中山1800m 3着
58.0⇔60.8)
・中山1800m 1着
(61.5⇔59.4)

最近の2走は前半のハイペースで前が崩れたレース。
後方からの差しが決まっています。
一番下のレースは前が止まらない展開にも関わらず、1頭だけ他馬よりも
1秒以上速い末脚(33.6)を使って後方から交わしきったもの。
スローペースで脚をためたにしても同日に行われた全ての芝レースの中で
最速の上がり
、というのは評価出来そうなところだと思います。

基本的に4コーナーでも10番手以降に位置を取っており、
かなり瞬発力に偏った馬。前が崩れるのがこの馬にとっては
最良のパターンですが、ある程度強引に差す力もあるようですね。

ただし・・函館の場合は4コーナーで10番手以降では話にならず
3コーナーカーブから長い脚を使えないと厳しいことから
脚質的には合わない可能性が高そうです。

後方から末脚を使いたい、と言う中谷騎手がどんな騎乗を
見せるかに注目ですね。
※過去に函館で3着が一度ありますが、そのときは2番手を追走する競馬でした。
 今回もコメントを裏切って前に行くようなら・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック