けいけん豊富な毎日

函館記念(各馬分析2)  担【けん♂】

函館記念(函館2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

函館では雨が降っている模様ですが、明日には止んで週末までは好天が
続く見込み
となっています。洋芝だけに雨が降るか降らないかで
かなり大きな影響が出そうですので今後も天気予報には注意したいですね。

ピサノパテック】牡6 55.0(美浦) サンデーサイレンス×(マルゼンスキー)
昨夏は後方からの競馬に脚質転換して成績悪化。年明けから先行、好位追走型に
戻して
きています。それに伴ってかなり成績の方も安定化傾向になっていますね。
前走の巴賞では勝ち馬と横並びの3着。力の差はほぼないと見て良さそうです。
距離延長があまりいいとは思いませんが2000mは守備範囲、
斤量も軽くなりますので前走以上の結果も望めるかも。

ピースデザイン】牡6 52.0(美浦) エリシオ×(ティンバーカントリー)
ここ2走はかなり速いペースを先行気味に追走しています。
さすがに前半1000mを57.6というのは速過ぎて失速しましたが
前々走では58.3で粘って3着。上手くハマれば前残りのチャンスのある
能力馬かもしれません。元々馬格の大きな馬ですが、今回は相当
斤量に恵まれた
ので最後の脚を伸ばせれば面白い存在になれそうです。

フィールドベアー】牡5 57.0(栗東) フジキセキ×(トニービン)
安定して好位から伸び脚が使える馬。GⅠで好走するような上位馬には
少し見劣りますが、ここでは実績的にも、能力的にも上位の存在になりそうです。
洋芝への適性も高く、前走の疲れが抜けていれば連続して
好走は可能
だと思います。本質的には距離延長は微妙な感じがありますが
2200m程度までは充分に守備範囲、期待したいですね。

ブレーヴハート】牡6 54.0(美浦) サンデーサイレンス×(Garde Royale)
末脚の能力自体は高いものがあり、前が崩れる展開になればかなり期待出来る馬。
ただし、位置取りはいつも相当後ろになるので直線の短い函館で
届かせるのはかなり難しそうです。馬格のある馬なので元々斤量は
こなせていますが今回はデビュー以来最低斤量・・・伸び脚が大きく
変わってくるのかどうか・・。

マヤノライジン】牡7 56.0(栗東) マヤノトップガン×(Danzig)
06年の函館記念で3着、前走の巴賞では1位同着と洋芝適性は充分
先行気味に行って末脚が伸ばせるのでかなり高い安定感があります。
これまでの勝利は1800mまでとなっており、距離延長に不安がありますが
前走は馬体を増やして充実傾向にあるだけに、今回のメンバー相手なら
実力、実績ともに上位クラス。期待出来そうです。

マンハッタンスカイ】牡4 56.0(栗東) マンハッタンカフェ×(Go for Gin)
4歳夏にしてすでに27走とコンスタントに使われ続けています。
馬体はデビューから30kg近く増え、成長とともに成績も安定してきましたね。
相当速いペースでも末脚が残せる先行馬、今回も調子が維持出来ていれば
大いに期待出来そうですが、このところ激走が続いていることもあり
前走では脚が止まり加減になったのが気になるところ。
疲れが抜けていれば・・・

ミストラルクルーズ】牡5 54.0(美浦) エルコンドルパサー×(サンデーサイレンス)
5ヶ月ぶりとなった七夕賞で好位から脚を伸ばして2着。
少し仕掛けが遅かった感じですが馬場の良いところを通れたことが
功を奏した印象です。1000万下までの勝ちしかありませんが
中距離では安定した成績を残しており、まだ上限が見えていない感じ。
洋芝への適性は相当高そうですが、反応の鈍さがあるようなので
どこまで食い込んでいけるか・・。

メイショウレガーロ】牡4 54.0(美浦) マンハッタンカフェ×(Carson City)
先行気味に行って失速するレースが続いていましたが前走では
ホワイト騎手の手腕もあってか、前で押し切って久しぶりの勝利をあげました。
勝ち時計自体は前半のペースが速かった同条件の巴賞に見劣りますが
道中は緩みがなく、後半も淡々としたペースを維持出来ている点で
評価できそうです。斤量も軽くなる分、前走以上の好走に期待したいですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック