けいけん豊富な毎日

仕返し主義        担【けん♂】

ミサイル問題に端を発した朝鮮学校生徒への暴行、暴言、嫌がらせがひん発している。通学距離が長い子どもと親にとっては、お互いの顔を見るまでは、安心できない緊張の日々が続くだろう。

 核疑惑、拉致問題など朝、日関係や朝米関係が激化するたびに、日本社会では少数者である在日同胞や子ども、少女を標的にするひ劣な事件が集中する。

 いじめとは結局、「お前はわれわれではない」という主張にはじまる現象だ。抑圧され、欲求不満のかたまりになった人々が、在日に牙を向ける図式。「他人の不幸は蜜の味」(日本)、「いとこが土地を買うと、腹が痛い」(朝鮮)と言うことわざもある。このような人間の低劣な属性に歯止めをかけるには、社会が一体となって、差別や排外主義に対して断固として闘う姿勢が求められる。しかし、日本では政治家やメディアが反朝鮮感情を煽り、増長させるばかりだ。

 誰かが憎いといって仕返しすることをフランス語で「ミメティスム」(仕返し主義)と言う。

 暴力や憎しみの連鎖を断ち切るために、哲学の見地からその概念を提起したアラン・ブロッサ・パリ第8大学教授によれば、「西欧では二度の大戦での壊滅的な災禍が、ミメティスムでは何も解決しないという暗黙の了解を人々の間に生み出した」と指摘しながら、「仕返ししても何も解決しない相手の立場を理解しようとする普通の人たちの開かれた態度が、西欧に暗黙の了解を成立させた」(朝日新聞2月20日付)と強調する。

 そのうえで同氏は「二度経験しないとわからないものでしょうか。日本は、もう一度の経験が必要なのですか…。空恐ろしいことです」と重い問いを投げかけている。(粉)


[朝鮮新報 2006.7.22


在日の方に対して(特に学生に対して)いじめなどの
問題が起こっていることは事実。
一部の激しい人たちはそういった心無い行動を起こすことが
あるようです。
日本人としてというより人間として恥ずかしいですね。

さて、仕返し主義が何も解決しないというならば
韓国、北朝鮮が日本に対して「過去の清算」などと
声高に迫ってくるのはどうなんでしょうね?

日本は第二次世界大戦で原爆を2発打ち込まれ、
本土は炎上し、多数の死者を出して敗北、その後
GHQの占領政策により、厳しい生活を余儀なくされました。
戦争後、沖縄を含め周りの島々も分断され
歴史も歪んだものになってしまいました。

しかしその「仕返し」をしようとしたことはありません。

なぜ韓国、北朝鮮そして中国の人たちは戦後60年もたって
いまだに過去の清算などと言ってくるのでしょうか?

簡単に言ったら「日本が負けたから」です。
もし何らかの形で日本が第二次世界大戦中に講和を結び
勝たないまでも「敗戦国」とならずに戦争が終結していたならば
こんな要求はしてこなかったでしょう。
つまり敗者をいじめて、奪えるものは全部奪ってしまえ!という
醜い火事場泥棒根性がそうさせているというわけです。

要求していればもしかしたら何かの間違いででも
謝罪してくるんじゃないか、と言うだけ言ってみた・・・
そんな程度のものでしょう。
もし本気で賠償すべきだ、とかまだ清算が終わってないなどと
思っているなら頭がおかしいです。
これまでに日本が援助してきた数字をもう一度見直せ、と
言いたくなりますね。ただし・・・韓国や中国政府に騙されて
煽られてしまっている国民の方々はもしかして本気で
補償が終わってないと思い込んでしまっているかもしれませんけどね。

まぁなんにしろ「仕返し主義」に凝り固まった国の人に
言われたくはないです(^^;

ちなみに「いじめ」の問題はミサイル問題に関係なく
各国がそれぞれ抱えている問題。
日本人同士でももちろんあることだし
ワールドカップでもジダン選手に対する差別的発言が
問題になりました。
韓国では「帰胞」の問題があるはず。
北朝鮮でも奇しくもウンギョン(ヘギョン)さんが言ってましたね。
「私が日本人(の子)だと知られてしまったらどうしてくれるんですか!」
・・・まぁこれは言わされたことだとは思いますけど・・。
それでも北朝鮮に「日本人差別」があることが窺い知れます。

まるで日本人特有の問題かのように取り上げていますが
そういうのを「棚に上げる」って言うんですよ。
ひとつ勉強になりましたね(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック